美商務部「半導体不足、今後6ヶ月持続…異常価格調査」

By | January 25, 2022


昨年11月、半導体サプライチェーン関連企業から受けた資料調査結果発表

ジーナ・ラモンも米国商務長官。 ©ロイター=ニュース1 © News1キム・ヒョン特派員
(ワシントン=ニュース1)キム・ヒョン特派員=米商務省は25日(現地時間)、新種コロナウイルス感染症(コロナ19)事態後、ウエハ(半導体の材料となる薄い原版)の生産能力制約による半導体不足現象が続くと展望一方、異常に高い価格を見せている一部の半導体に対する調査に乗り出すと明らかにした。

米商務省はこの日報道資料を出して昨年11月、サムスン電子とSKハイニックスなどを含めて150余りの半導体サプライチェーン関連企業を対象に情報提供を受けたことに対する調査結果をこのように発表した。

商務省は結果報告書で「半導体チップの需給不一致が相当で持続的」とし「応答者は今後6ヶ月間問題が解消されないと見た」と明らかにした。

商務省は今回の情報提供要請を通じて資料を収集したが、一部不足点があると明らかにし、今後個々の次元で情報提供を要請するものと予想される。

ジーナ・ラモンド常務長官は「一部の事例は私たちが必要とすることを得られなかった」とし、各会社ごとに個別に接触して必要な資料を確保するという立場を示した。

先にラモンド長官は昨年11月、「サムスンとTSMC、SKなどサプライチェーン内のすべてのCEO(最高経営者)たちと通話し、すべてのCEOがしっかりして完全なデータフローを提出すると約束した」と明らかにした。

しかし、TSMCとサムスン電子、SKハイニックスなど半導体製造企業と各国政府は米商務省のデータ提供要請について懸念を表明した。

商務省はまた、自動車メーカーと医療機器メーカーが使用する一部の半導体集の価格が異常に高く策定されたと指摘した。

商務省は「今後数週間でノード別の問題解決のために業界と協力する」とし「我々はまた、これらのノードの異常に高い価格に対するクレームを調査する」と明らかにした。

ラモンド長官は現在、半導体チップの需要が2019年度比17%も増えたと紹介し、「チップの需要が多い。ますます多くなっている」とし「良いニュースは多くない」と話した。

ロモンド長官はただ今回の調査の結果、半導体チップ社在機の証拠はないと明らかにしたとロイター通信は伝えた。

商務省の報告書によると、自動車や医療機器メーカーなど半導体チップ需要者の平均在庫量が2019年40日から昨年5日未満に落ちた。

商務省は「コロナ19発生、天災地変、政治的不安定で外国半導体製造施設がわずか数週間でも支障をきたすと、米国内の製造施設が閉鎖され、米国労働者とその家族を危険にさらす可能性がある」と指摘した。 。

商務省は半導体製造施設の大半が稼働率が90%以上であり、新規製造設備の建設なしでは半導体の追加供給には限界があると分析した。

ラモンド長官は「半導体サプライチェーンが依然として脆弱で、米議会ができるだけ早く半導体資金支援法を通過させることが不可欠」とし「需要が急増し、既存の製造施設が完全に活用されている状況で長期的にこの危機を解決できる。ある唯一の解決策は、米国内の製造能力を再建することだ」と強調した。

これと関連して、ロイターは消息筋を引用し、米下院民主党は早ければ25日午後、米国の対中国競争力を高め、半導体の生産と研究に520億ドル(約62兆2960億ウォン)を支出するための法案を提出すると見られると明らかにした。 。



Source link


Leave a Reply

Your email address will not be published.