「家は所有しない」と宣言したイーロン・マスク、これまでの豪邸遍歴

By | November 25, 2021


テスラとスペースXのCEO、イーロン・マスク。

【全画像をみる】「家は所有しない」と宣言したイーロン・マスク、これまでの豪邸遍歴

マスクは、カリフォルニア州ベルエアにある豪邸6軒を含め、少なくとも7軒の家を所有していた。その価値は合計1億ドル(約114億円)にのぼる。

ここでは、最後に残った豪邸をはじめ、マスクが所有・売却してきた家をすべて紹介しよう。

イーロン・マスク(Elon Musk)は、テスラとスペースXの最高経営責任者(CEO)として、現在のところ、世界一の富豪の座についている

マスクとその関連企業は、少なくとも7軒の住宅を所有していた。そのほとんどはカリフォルニア州のロサンゼルス地域にあり、価値は合計1億ドル(約114億円)を超えていた

だが2020年5月、マスクは不動産を手放すつもりだとツイートし、「家はいっさい所有しない」と宣言した。その後、マスクはテキサス州に引っ越し、5万ドルのプレハブ製極小住宅で暮らしていると報じられている

だが2020年までは、マスクは豪勢な不動産をいくつも所有していた。マスクがベルエア地区で最初に購入した不動産は、コロニアル様式の豪邸だった。2年間の賃貸を経て、2012年後半に1700万ドルで購入し、そこで息子たちと暮らしていた

広さ2万248平方フィート(約1880平方メートル)のこの家は、複数のウイング(翼棟)からなり、全部で7室のベッドルームがある。2フロアにまたがる図書室もある

裏庭にはプールと…

…テニスコートがあり…

会員制のベルエア・カントリークラブを見渡すことができる。さらにジムやワインセラーもある

報道によれば、マスクは2020年6月にこの家を2900万ドルで売却したという。購入者は中国のビリオネアで、オンラインゲーム会社「ネットイーズ(網易)」の創業者兼CEOのウィリアム・ディン(William Ding)だとウォール・ストリート・ジャーナル紙は伝えている

マスクは2013年10月、同じ通りにある家を675万ドルで購入している

広さ2756平方フィート(約256平方メートル)、3室のベッドルームがあるランチハウス風のこの家には、2007年までの30年以上にわたり、俳優のジーン・ワイルダー(Gene Wilder)が住んでいた

マスクはこの家を、子どもたちのためのプライベートスクールとして利用していた。2015年のヴォーグ誌のインタビューのなかで、マスクはこの家について、「草原に立つ小さな校舎のようだ。そこがベルエアのゴルフコースだという点を別にすればね」と話している

マスクは2020年5月にこの家を950万ドルで売りに出したが、ひとつの条件をつけた。誰であれ、かつてワイルダーが所有していたこの不動産を購入する者は、家の持つ「精神」を損ねたり取り除いたりしてはならない、という条件だ

Source:
Insider, Variety

2015年と2016年に、マスクはベルエアでさらに2軒の豪邸を購入した。1軒はまたもやランチハウスで2000万ドル。もう1軒は、未完成の豪邸で2425万ドルだった

2015年7月には、またもやロサンゼルスの豪邸を430万ドルで購入したが、こちらはあまりよい状態ではなかったようだ。近隣住民はウォール・ストリート・ジャーナルに対し、誰かが常時住んでいるようには見えないと話していた

Source:
Wall Street Journal, Zillow, Los Angeles Times



Source link


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *