「国外から空爆」 軍とロシア民兵狙う 中央アフリカ

By | November 29, 2022


 「逃がしはしない。平和の敵が犯した卑しい犯罪の責任者を突き止める」と誓っている。

 現場は北部ボサンゴア。地元首長は電話取材に「飛行機の正体は分からない。綿花工場を狙っていた。ロシア人や軍が基地にして使っている所だ。大した被害はなかった」と語った。旧宗主国フランスや国連は、こうしたロシア人は民間軍事会社「ワグネル」の民兵と見なしている。 



Source link