ロシア、国際民間航空機関の理事国に再選されず 「シカゴ条約違反」

By | October 2, 2022


総会が開かれている国際民間航空機関の本部=カナダ・モントリオールで2022年10月1日、ロイター

【車、車、車…】ロシア国境、動員令で“脱出渋滞”

 ロイター通信によると、ウクライナのカナダ大使は、ロシアがウクライナの空港を爆撃するなどウクライナの主権空域を侵害しており、「加盟国は国際民間航空条約(シカゴ条約)の重大な違反に対処する必要がある」と訴えた。ロシア代表は「(投票結果は)政治的だ」と反発した。

 ICAOは、国際航空の発展や安全向上を目的とする国連の専門機関。ロイター通信によると、ウクライナ侵攻で米欧から制裁を受けたロシアは、国外からリースされた航空機数百機を没収したとして、この問題でも批判を受けていた。今回の選挙で日本は150票を得て再選された。【ニューヨーク隅俊之】



Source link