台湾外務「中、フェロー市名分にして台湾侵攻しよう」

By | August 9, 2022


バイデン「中の動きの懸念…今以上何かしてはいけない」

9日、台湾南部の平東県近くで台湾軍が実射撃訓練を進めている。 2022.08.09/ニュース1 ⓒ AFP=ニュース1 ⓒ News1 キム・ミンス記者

(ソウル・ワシントン=ニュース1)チョン・ユンヨン記者キム・ヒョン特派員=中国がナンシー・フェローシ米国下院議長の台湾訪問を名分に軍事訓練を実施、台湾を侵攻しようとすると台湾外務長官が警告した。

ロイター通信によると、ジョセフ・ウ台湾外交長官は9日(現地時間)記者会見で「中国は台湾侵攻に備えて訓練を行っている」とし、台湾海峡の平和と安定を守護するための国際的支援を促した。 。

彼は「中国が台湾国民の詐欺を落とすために大規模な軍事訓練を実施、ミサイルを発射し、サイバー攻撃と虚偽情報キャンペーン、経済圧迫を敢行している」と付け加えた。

台湾外交長官のこのような警告は、中国人民解放軍が台湾海峡で弾道ミサイルを発射するなど、史上最大規模の訓練を実施し、軍事的緊張が高まっている中で出た。

当初、中国軍は実戦合同訓練を現地時間で去る7日正午まで実施すると発表したが、立場を変えて9日にも引き続き訓練を行うと宣言した。

実際、中国東部電球司令部はこの日、「台湾周辺海・空域で実電話連合練習訓練組織を継続する」とし「連合封鎖統制と連合保障行動を重点的に組織する」と明らかにした。 訓練終了時間は公布しなかった。

それにもかかわらず、米国は中国の域内緊張感の造成に懸念を表しても、中国が台湾を侵攻しないという立場だ。

この日、ジョーバイデン米国大統領は「台湾の状況がどれほど心配されるか」という質問に心配されないが、中国の動きについては「懸念する」と明らかにした。

バイデン大統領は引き続き「しかし、私は彼ら(中国)が彼らが(今)している以上に何かをするだろうとは思わない」と明らかにした。

ⓒ News1キム・チョヒデザイナー



Source link


Leave a Reply

Your email address will not be published.