バイデン、美議会に90日間油類税免除要請… 「議会・州・産業界の役割を果たさなければならない」(総合)

By | June 22, 2022


「家庭に大いに役立つだろう…すべての措置が成立した場合、ガロン当たり1ドル節約効果」

ジョーバイデンアメリカ大統領。 ©ロイター=ニュース1 © News1キム・ヒョン特派員
(ワシントン=ニュース1)キム・ヒョン特派員=ジョー・バイデン米国大統領が22日(現地時間)上がる原油価格をつかむため、米議会に連邦政府の油流税賦課を3カ月間一時的に猶予(免除)する立法措置を要請した。

バイデン大統領はまた、各州政府に自ら油流税を猶予したり、他の軽減策を提供する他の方法を見つけることを要求していると明らかにした。

バイデン大統領はこの日午後2時、有価関連演説を通じてこのように発表した。

現在、米連邦政府はガソリン1ガロン((3.78リットル)当たり18セント(約234ウォン)、軽油1ガロン当たり24セント(約312ウォン)の税金を課している。これらの税金は高速道路信託基金を通じて重要な高速道路と公共交通資金で使われる。

バイデン大統領は、夏休みシーズン期間を含む今後90日間連邦油流税賦課を猶予することを議会に要求しているとし、今後90日間油流税を猶予することにより、「私たちは油価を下げ、家族に少し安堵感を与えるできる」と明らかにした。

彼は特に高速道路建設などに使われる油流税免除で事業に支障をきたすことができるという指摘を意識したように「私が提案するのは高速道路信託基金に影響を与えず連邦油流税を猶予すること」とし「今年税収が増加して今年だけ私たちの財政赤字が1兆6000億ドル(約2084兆ウォン)以上減少したことを活用して、我々は依然として私たちの高速道路を整備し、油価を下げることができるだろう。

バイデン大統領はコネチカット州とニューヨーク州でガロン当たり平均30セントのガソリン流税を免除するなど、州レベルの軽減策を紹介し、「私はより多くの州と地方政府がこのような措置を取るように促している」と話した。 。

バイデン大統領はまた、精油会社に向かって「今は暴理を取る時間ではない」とし、連邦油類税猶予効果が消費者にすぐに伝わることができるようにしてほしいと促した。

バイデン大統領はそれとともに精油業界にガソリンをさらに精製し、価格を下げることを要求していると明らかにした。

彼は「バイデン政権が十分な石油を生産できず、石油生産を制限している」という共和党の主張を取り上げ、「正直それは言わない」とし「今月、米国は1日1200万バレルの石油を生産した。それは私の前任者時代の平均より高い数値だ。

バイデン大統領は、ジェニファー・グランホームエネルギー部長官が23日、精製会社と懇談会を持っていると述べ、「私は、彼ら(精製会社)が私たちとアメリカ国民の前に直面した挑戦に対処するのが妥当であれば、彼らの勧告に従って迅速にしっかりと行動する準備ができている」と話した。

バイデン大統領は自身の措置が一緒になれば油価をガロン当たり1ドル以上落とすのに役立つと明らかにした。 彼は「(油流税免除が)すべての苦痛を減らしてくれないが、大きな助けになるだろう」と話した。

バイデン大統領は、原油高級の原因としてウラジミール・プーチン大統領のウクライナ侵攻を聞いた。 彼は「自由世界は選択の余地がなかった。米国と西側は傍観できなかった」とし、「もし私たちがじっとしていたなら、プーチンは止まらなかっただろう。 「と言った。

ホワイトハウスは今回の措置がバイデン大統領のΔ1日100万バレルなど合計2億4000万バレルの戦略備蓄油放出Δ15%のエタノール含有ガソリン許容Δ精油社の精油能力と生産量増大のための協力要請など米国家庭の油価を下げるための一連の措置に続いたものだと説明した。

ホワイトハウスは「大統領は短期的にエネルギー生産を増やすための私たちの努力は、韓国経済が独裁者たちによって生産される化石燃料から抜け出してクリーンエネルギーに転換しようとする中・長期的な努力と組み合わせなければならないことを理解している」と話した。

彼は「前提の役割をしている。私は議会と州、産業界が彼らの役割をしたい」と話した。

今回の案は、来る11月の中間選挙を控えて、原油価格が上昇し、バイデン大統領の支持率が最低値水準から抜け出せない中で出たのだ。

最近、米国内のガソリン平均価格はガロン当たり史上初めて5ドル(約6500ウォン)を超えた。 これにより中間選挙で民主党が上・下院過半議席を守れないという展望が少なく流れている。



Source link


Leave a Reply

Your email address will not be published.