バイデン「今週の油流税免除可否決定」… ホワイトハウス「議会も取るべきだ」

By | June 21, 2022


インフラ事業の支障指摘には「一部影響があるが、主要事業には影響しない」

ジョー・バイデン米大統領が2022年6月21日(現地時間)、米国ワシントン・ホワイトハウスで5歳未満に対する新種コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチン接種が開始されたことと関連して演説を行っている。 ©ロイター=ニュース1 © News1キム・ヒョン特派員
(ワシントン=ニュース1)キム・ヒョン特派員=米ホワイトハウスは21日(現地時間)、ジョー・バイデン大統領が原油価格対策の一環として今週末まで連邦油流税の一時免除を決定する予定だと明らかにした。

ホワイトハウスは「米議会も立法措置を取らなければならない」と促した。

カリン・ジャン・ピエール・ホワイトハウスの広報担当者は、この日のブリーフィングで「油流税韓時免除と関連して議会と接触しているか」という質問に「議会も行動しなければならないだろう」と言いながらも「私は私たちが議会に対してやっている接触について提示する。何も持っていない」と言った。

チャン・ピエール広報担当者は、有価問題がバイデン大統領の最優先課題であると強調し、「バイデン大統領は米国家計の苦痛を減らすためにすべての措置を取るという立場を明らかにし、すべての選択肢がテーブルにあるとした」とし「」バイデン大統領がまだ決定を下していないが、今週末までには出せる方がもっとあるだろう」と明らかにした。

バイデン大統領もこの日、5歳未満の乳幼児に対する新種コロナウイルス感染症(コロナ19)ワクチン接種が開始されたことと関連した演説後、記者の質問に米議会に油流税一時免除の要請をするかどうかを「今週が終わる前まで決定を下すだろう」と自分の立場を再確認した。

バイデン大統領は前日(20日)個人別荘があるデラウェア州レホボスビーチで「一時的な連邦油流税賦課中断を検討するか」という記者たちの質問に「そうだ。今週末までに覗く資料をもとに決定を降りたいと思う」と明らかにしたことがある。

また、バイデン大統領はこの日の講演後、高速道路や他の交通プロジェクトへの資金として投入される連邦油流税が一時免除された場合、事業推進に支障をきたす可能性があると指摘され、「一部の影響があるが、主要道路の建設と保守に影響を与える。与えないだろう」と話した。

米ホワイトハウスはただ、バイデン大統領と精油会社最高経営者(CEO)たちとの面談の可能性については善を引いた。

チャン・ピエール広報担当者は、ジェニファー・グランホームエネルギー部長官が来る23日、7人の精油士CEOらと会う予定だと紹介し、「この場で良い解決策が用意されることを期待している」と話した。

彼は、「私たちの目標は、向かい合って解決策を確立し、CEOと協力して(精油士の)能力を進めるために私たちが何を加えることができるかを見つけるために話すことです」と強調した。

これに関連して、バイデン大統領は共和党がバイデン政権が石油掘削許可を取り消したと主張することに対して「彼ら(精油士)が掘削して取り出す石油がないという考えはまったく事実ではない」と反論しながら「私たちはもっと多く精製能力が必要である。我々は、彼ら(精油士)が精製能力を増加させながら、再生エネルギーへの転換を放棄しないかもしれない何かを探さなければならない」と明らかにした。



Source link


Leave a Reply

Your email address will not be published.