美FOMC「6~7月にも0.5%pずつ金利引き上げが必要…緊縮政策適切」

By | May 25, 2022


米連준、去る3~4日連邦公開市場委員会定例会議の議事録公開

ジェロームパウエル米国連盟議長。 © AFP=ニュース1 © News1 ウ・ドンミョン記者
(ワシントン=ニュース1)キム・ヒョン特派員=米連邦準備制度(Fed・ヨンジュン)が今月初めの会議で0.5%ポイント(p)金利引き上げを決定し、来る6月と7月の会議でも追加でそれぞれ0.5%pの金利印象をする「ビッグステップの必要性」に意見を合わせたことが確認された。

米連준が25日(現地時間)公開した去る3~4日連邦公開市場委員会(FOMC)定例会議の議事録には、参加者が思想最悪のインフレをつかむために金利を意図的に経済成長を鈍化させることができる水準に上げる可能性について議論したことが分かった。

会議録には「参加者は、より中立的な通貨政策基調に迅速に動くことが重要だと判断した」とし「また進化する経済展望とリスクによって緊縮的な政策基調が適切になる可能性があると述べた」と明らかにした。

これに関連して、ジェロームパウエルFRB議長は最近、公式席上で次の2回の政策会議で金利をそれぞれ0.5%pずつ引き上げる可能性を示唆している。

会議録は「大部分の参加者は次の2回の会議で目標範囲の0.5%p引き上げが適切だと判断した」と明らかにした。



Source link


Leave a Reply

Your email address will not be published.