韓米国防長官通話…北ミサイルに米戦略資産展開議論(総合)

By | May 25, 2022


イ・ジョンソプ「連続弾道ミサイル発射は安保理決議正面違反」
オースティン「韓防衛と北攻撃対応できる韓米同盟能力約束再確認」

イ・ジョンソプ国防部長官が25日午後、ロスド・オースティン米国防長官と電話協議を行っている。 この長官はこの日の通貨で北朝鮮の弾道ミサイル(ICBM)発射と関連した両国評価を交換した。 (国防省提供)2022.5.25 /ニュース1
(ワシントン・ソウル=ニュース1)キム・ヒョン特派員、虚しい記者=韓米国防長官が25日、北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)など相次いで弾道ミサイル発射による対応方向を議論した。

イ・ジョンソプ国防部長官はこの日午後、ロス・オスティン米国防長官との通話で北朝鮮の弾道ミサイル発射と関連した両国評価を交換したと国防部は伝えた。

合同参謀本部によると、北朝鮮はこの日午前6時と6時37分・42分ごろなど、計3回にわたり平壌順眼一帯から東海方向にICBM推定ミサイルと短距離弾道ミサイルなどを発射した。

李長官はこの日の通話で「北朝鮮が弾道ミサイルを相次いで発射したのは国連安全保障理事会決議を正面に違反したもので、朝鮮半島と国際社会の平和を脅かす重大な挑発」と強力糾弾した。

両長官はまた、Δ北朝鮮の持続した挑発に対応し、韓米連合防衛態勢と米国の拡張抑制をより強化し、Δ今後、北朝鮮がどんな挑発をしても強力かつ効果的に対応することを意図した。

また、この長官はこの日の通貨でΔ北朝鮮の追加挑発に備えた米戦略資産の展開とΔ韓米高位級拡張抑制戦略協議体(EDSCG)早期開催の必要性について強調したと国防部が伝えた。

米国防部もこの日報道資料を通じて、2つの長官の通貨事実を伝え、「北朝鮮の弾道ミサイル発射に対する評価と対応方案について議論した」と明らかにした。

米国防総省によると、オースティン長官は通貨で韓国防衛と北朝鮮のいかなる攻撃にも対応できる韓米同盟の能力に対する米国の鉄統のような約束を再確認した。

両大臣はこの日、北朝鮮のミサイル発射に対して強く糾弾し、北朝鮮の挑発的行動が朝鮮半島と域内、そして国際社会の平和と安定に及ぼす深刻な脅威をより幅広く扱うために緊密に協力することを約束したと米国防省は伝えた。

両大臣はまた、対応オプションに対する緊密な接触を維持し、日本との三国安全保障協力をさらに議論し、朝鮮半島の完全な非核化を達成するための努力を持続することに合意したと米国防総省は明らかにした。

これと共に北朝鮮のこの日弾道ミサイル発射直後、原因鉄合参議長はポーラーキャマーラ韓米連合司令官兼駐韓米軍司令官とテレビ会議を開いて状況を共有し、連合防衛態勢をさらに固くすることを再確認した。

パク・ジン外交部長官とトニー・ブリンカーン米国務長官も共同通話を行い、キム・ゴン外交部朝鮮半島平和交渉本部長もソン・キム米国務部対北特別代表・船越健裕日本外務省アジア・大洋主局長と相次いで有線協議を進んだ。



Source link


Leave a Reply

Your email address will not be published.