バイデン、テキサス銃器乱射事件に「銃器ロビーに立ち向かう時」

By | May 25, 2022


米議会に銃器規制法案処理を促す… 「18歳が武器を買うことができると思って間違っている」

ジョー・バイデン米大統領が2022年5月24日(現地時間)、韓国と日本の巡方を終えてワシントンに帰ってきた直後、ホワイトハウスでテキサス州ユーバレーで発生した銃器乱射事件について演説をしている。 ©ロイター=ニュース1 © News1キム・ヒョン特派員
(ワシントン=ニュース1)キム・ヒョン特派員=ジョー・バイデン米国大統領は24日(現地時間)、テキサスのある小学校で発生した銃器乱射事件で、18人の子供を含めて21人が死亡したことに関連して、米国が銃器ロビーに立ち向かうべきだと言った。

バイデン大統領は就任後、最初のアジア順房を終えて帰国するとすぐこの日午後8時40分ごろ、ホワイトハウスで演説をして「なぜ何度もこのようなことが起こるようにしておくのか」とこう語った。

ある18歳の高校生はこの日、ミテキサス州ユバディのある小学校に乱入し、銃器を乱射、子供18人と大人3人など少なくとも21人が死亡した。

バイデン大統領は「国家として私たちは「いつ銃器ロビーに立ち向かうか」質問しなければならない」とし、2012年に26人の命を奪ったサンディフック小学校事件など、これまで学校で行われた銃器乱射事件を思い出した後、「リストは続く。となり、リストはさらに大きくなる」と指摘した。

彼は「私は(心が)病気で疲れた。私たちは行動しなければならない」とし「私たちがこの虐殺に影響を与えることができないと私に言ってはいけない」と米議会の銃器規制法案処理を促した。

彼は「銃器メーカーは最も多く、最大の利益を残す攻撃用武器に対する攻撃的なマーケティングを20年間やってきた」とし、「どうぞ私たちはこの産業に合わせる勇気を持たなければならない」と強調した。

彼は「18歳の子供が銃器店に入って攻撃用武器を買うことができるという考えは本当に間違っている」と指摘した。

彼は「私たちはもっとやることができる。私たちはもっとしなければならない」とし「この苦痛をこの国のすべての親と市民のための行動に移すべき時」と付け加えた。

彼は「私たちはこの国が行動しなければならない時であることをすべての先出職公務員に明確にしなければならない」とし、「常識的な銃器(規制)法を妨害し、遅延させたり阻止した人々のための時間である。私たちが忘れないであろう」教えなければならない」と話した。

バイデン政権はオンラインで部品を買い取って直接組み立てた、いわゆる「ゴースト銃」などに対する規制案を施行しているが、銃器の使用を積極的に制限する法案は共和党の反対で進展を見られていない。

銃器規制法案には銃器購入者に対する新しい身元調査を要求し、軍スタイルの「攻撃用」武器と大容量弾薬弾倉販売を禁止するなどの内容が込められていると伝えられた。



Source link


Leave a Reply

Your email address will not be published.