善崎前のホワイトハウスのスポークスマンがMSNBC放送の進行役に変身

By | May 25, 2022


MSNBC採用事実発表… 11月中間選挙と2024年大統領選挙専門家として活躍

善崎前アメリカホワイトハウス公報長官が2022年5月13日(現地時間)ホワイトハウスで最後のメディアブリーフィングをしている様子。 ©ロイター=ニュース1 © News1キム・ヒョン特派員
(ワシントン=ニュース1)キム・ヒョン特派員=ジョー・バイデン米国大統領の招待「口」の役割をしたジェンサキ元ホワイトハウス広報担当者がMSNBC放送のある番組進行者に変身する。

外信らによると、MSNBCは24日(現地時間)にサキ前広報担当者の採用事実を発表し、咲前広報担当者が今年秋のNBCの多様なチャンネルとプラットフォームに出演する予定であり、来年第1四半期にはMSNBCのストリーミングサービスであるピーコック’で新しいオリジナルプログラムの進行を引き受けることになると明らかにした。

MSNBCは、この新しいプログラムは、「表彰台の後ろから見るサキ元スポークスマンの特別な視点と、政府および大統領政治の最高位レベルで(あった)サキ元スポークスマンの深い経験を組み合わせる」と明らかにした。

これにより、咲前広報担当者は今年11月の中間選挙と来る2024年大統領選挙を控え、自身の番組はもちろんNBC放送全般で核心専門家として活躍する見通しだ。

ラシダ・ジョーンズMSNBC社長は「咲前広報担当者は鋭いウィットと共感性が彼が扱う主題に対する掌握力と結合され、全国的に誰が知っている人になった」とし「咲前広報担当者の政府と選挙流税に対する幅広い経験過ホワイトハウスとワシントンのインサイダーとしての経験は、MSNBCを差別化する分析の種類」と述べた。

ジョーンズ社長は引き続き「咲元スポークスマンは、視聴者に見慣れた顔で信頼できる権威であり、私たちは重要な選挙シーズンに彼の洞察力を楽しみにしている」と述べた。

咲前広報担当者は昨年1月、バイデン行政部発足とともに初代ホワイトハウス広報担当者を務め、1年4ヶ月間在職して13日辞職した。

在任当時だった去る4月MSNBCと契約を推進中だという報道が出たが、咲前広報担当者と放送会社ともこれを確認してくれなかった。 これは去る4月末ホワイトハウス出入記者団晩餐会に招待されたコメディアントレバーノアの冗談の素材にもなった。

当時、一部の倫理団体と共和党などを中心には、マスコミを相手するホワイトハウスの広報担当者がマスコミ入社を打診するという点で利害衝突論議を提起した。

しかし、咲前広報担当者は、バイデン政府の高い倫理規範に合わせて、将来の職業に対する助言を受けていると一蹴した。

咲前広報担当者はこの日の声明を出し、「国務省からホワイトハウスに至るまで、政府で働いていた時間はもちろん、以前の全国的な選挙キャンペーンの経験は私の洞察力と視点を強化するだろう」とし「私たちがファクトを分析して問題を起こすのか真相を究明し、その過程で若干の楽しさを感じられるストリーミングスペースを早く作りたい」と話した。

咲前広報担当者は、バラク・オバマ政権時代、国務省報道官とホワイトハウス公報局長を務めた後、CNNで政治評論家として活動したことがある。



Source link


Leave a Reply

Your email address will not be published.