パク・ジン – ブリンカーン、最初の通話… 「北コロナの懸念…人道的支援協議」(総合)

By | May 13, 2022


外交部「弾道ミサイルなど挑発には強力糾弾…連合防衛態勢維持」
アメリカ国務省「北弾道ミサイル発射糾弾」…北コロナ人道的支援内容はない

朴ジン外交部長官、トニー・ブリンカーン米国務長官(外交部提供)©ニュース1
(ワシントン・ソウル=ニュース1)キム・ヒョン特派員、ノ・ミンホ記者=朴ジン外交部長官とトニー・ブリンカーン米国国務長官が最近、北朝鮮当局が新種コロナウイルス感染症(コロナ19)の確認者発生事実を公表したことについて懸念を表明した。 。

外交部は朴長官とブリンカーン長官が13日、画像通話で「国際社会とともに対北朝鮮人道支援支援案について継続的に協議していくことにした」とこのように明らかにした。

北朝鮮は前日午前、官営媒体報道を通じて首都平壌でコロナ19確定者が発生した事実を初めて公開し、全国各地にコロナ19防疫のための「封鎖」措置を下した。

外交部によると、朴長官とブリンカーン長官はこの日、通貨でΔ韓米両国とも北朝鮮との対話に開かれた立場であることを強調し、Δ原則と一貫性のある北朝鮮非核化交渉再開のための努力をレースしていくことにした。

ただし、二人は北朝鮮の12日、短距離弾道ミサイル発射など最近一連の挑発行為に対しては強力糾弾したと外交部が伝えた。 両側はまた、Δ固い韓米連合防衛態勢を維持しながらΔ北朝鮮の脅威にしっかり対応するための空調を強化していくということにも意見を合わせた。

これと共に二人は来る21日ソウルで開かれる予定のユン・ソクヨル大統領とジョ・バイデン米大統領間の首脳会談準備状況と経済安全保障協力などについても意見を交わした。

朴長官はユン・ソクヨル政府発足10日ぶりにバイデン大統領が訪韓することを歓迎の意を伝え、「今回の首脳会談が韓米包括的戦略同盟をさらに格上げさせる成功的な会談になるように準備していこう」と話した。

ブリンカーン長官も「韓国の新政府発足後最短期間内に大統領訪韓がなされるのは、米国が韓国とインド・太平洋地域に付与する重要度をよく示している」とし「これをもとに様々な懸案で韓米空調を強化という土台を構築していこう」と答えた。

また、朴長官は「今後、「グローバル中枢国家」として、仁・テ地域はもちろんグローバル懸案対応でも韓国の役割を拡大していく」と伝え、ブリンカーン長官は「歓迎する」と明らかにした。

米国務省もこの日報道資料を通じて、ブリンカーン長官が朴長官と通話した事実を伝え、「重大なグローバル挑戦に対処するための持続的な韓米間共助について議論した」と明らかにした。

米国務省によると、ブリンカーン長官は、朴長官の就任を祝いながら、広く重要な量子及び域内、グローバル問題について韓国と緊密に協力するという米国の意志を再確認した。

ブリンカーン長官はまた、韓国の防衛に対する鉄統のような相互約束と朝鮮半島の完全な非核化という共同の目標、インド・太平洋の平和と安保を支持するための日本との三国協力を重要性を強調した。

ブリンカーン長官はまた、朴長官と最近、北朝鮮の弾道ミサイル発射を糾弾したと国務省は伝えた。 外交部とは異なり、国務省の発表には、北朝鮮のコロナ19発生および対北朝鮮人道支援に関する内容は含まれていなかった。

国務省はまた、2人の大臣はウクライナに対する支援を提供し、ロシアとその助力者たちにウラジミール・プーチンロシア大統領の残酷で正当な理由のない戦争に対して責任を問うための韓米間の努力について議論したと明らかにした。

外交部によると、ブリンカーン大臣は、朴大臣ができるだけ早い時期に米国を訪問することも要求した。

外交消息筋は二人の長官であるこの日の通話でお互いを「ジン」と「トニー」と呼ぶことにするなど和気愛愛した雰囲気だったと伝えた。



Source link


Leave a Reply

Your email address will not be published.