Category Archives: 政治

都知事選:小池氏の勝利は予想通りだがコロナ対策評価は漫才

東京都知事選挙の結果は、予想通りであった。私は四年前の選挙が終わった段階から、小池再選間違いなしと言い続けてきたから当たり前のことが起きただけに過ぎない。自民党がもしかしたら引きずり下ろせるかもしれないなどという見通しの悪さで動いて無駄な四年間を送った。

山本太郎、涙のシーン求めるマスコミに… 泣き笑いで「敗戦の弁」

   東京都知事選は2020年7月5日に投開票され、現職・小池百合子氏の当選が確実となった。    有力候補の一人とされていた、れいわ新選組公認の山本太郎氏は東京・新宿区の開票センターで会見を行い、穏やかな表情で敗戦の弁を語った。 記者陣の取材に笑顔で答える山本太郎氏 「銭湯に描いてある山みたいに見えたが…」    山本氏は6月15日に立候補を表明。公約には総額15兆円の「コロナ損失」対策として「全都民への10万円給付」や「中小企業・個人事業主の事業収入のマイナス分保障」などを掲げていた。選挙期間中は立憲民主党に離党届を出した須藤元気氏とともに都内各地で演説し、連日多くの聴衆を集めた。    支持者からの期待が高まっていた中、NHKは20時に小池氏の「当確」を伝えた。また出口調査では、山本氏の順位は立憲民主党支援の宇都宮健児氏、日本維新の会推薦で前熊本県副知事の小野泰輔氏に次ぐ4番手に。特に、同じリベラル層から支持を集める宇都宮氏には差をつけられる結果となった。    山本氏は20時20分頃に記者陣が集まる会場に入場。席に着いた山本氏は開口一番「お疲れ様でした。ありがとうございます。いや〜、強かった百合子山。高かった〜、百合子山。という感想です」と述べた。「百合子山」の高さについて、選挙前と後の印象の違いを記者から問われると、「銭湯に描いてある山みたいに見えたが、実際はかなり険しい山ですね、百合子山」と笑顔で語った。 テレビで公開討論会行われず「何かしらの意思を感じる」 続きを読む 1 2 3 全文表示 [ad_2] Source link

宇都宮氏、淡々と受け止めた敗戦 「2位」確実で「最低限の責任は果たせた」「次につながる」

   2020年7月5日に投開票された東京都知事選で、投票が締め切られた20時過ぎに現職の小池百合子氏(67)の当選確実が伝えられると、元日弁連会長の宇都宮健児氏(73)が東京・四谷の選挙事務所に姿を見せ、淡々と敗戦の弁を述べた。    新型コロナウイルスの影響で、多くの人が集まる街頭演説を減らすなど、政策を訴える手段が限られた選挙戦だった。宇都宮氏は、訴えが浸透しなかった原因のひとつとして、地上波での候補者討論会が行われなかったことを挙げ、「ちょっと異常な事態だった」と指摘した。 落選が確実となり頭を下げる宇都宮健児氏。悲壮な表情を見せることなく、淡々と敗戦の弁を述べた テレビ討論ゼロに「もっと行われたら…」    宇都宮氏の選挙事務所では、「密」を避けるために陣営スタッフも最小限で開票開始時刻を迎え、陣営スタッフが報道陣に対して、できるだけ人数を減らすように求める部面もあった。    敗因について問われた宇都宮氏は、 「一番大きな問題は、私たちの主体的な力がまだまだ及ばなかった、まだまだ運動が足りなかったというのが一番だと思う」    などと述べた上で、テレビ討論の問題に言及した。今回の選挙戦では、告示前後に3回にわたって候補者討論会が行われたが、いずれもオンライン討論会で、地上波で生中継されたり、テレビ局が主催したりすることはなかった。    宇都宮氏は、こういった状況について 「今回の選挙では様々な争点があったが、その争点が有権者に届けるためには、もっとテレビ討論等があったら良かった。現職は4年やってきて、毎日テレビ・メディアに出てきて発信しているが、そういう問題について明らかにするというのは、街頭宣伝やネット配信では十分に届かないところがあった。積極的なテレビ討論がもっと行われたらよかった」    などと指摘。 「オファーすらなかったというのは、ちょっと異常な事態」 続きを読む 1 2 3 全文表示 [ad_2] Source link

小池百合子氏が当選確実に オンライン選挙戦を展開、2選果たす

   東京都知事選挙は2020年7月5日に投開票が行われ、現職の小池百合子氏が当選を確実にした。    各メディアが20時に一斉に報じた。 当選が確実となった現職・小池百合子氏(2019年11月撮影) ハッシュタグで意見募集も    小池氏は「待機児童の解消に向けた取り組み」や「女性活躍社会の実現」、「私立高校授業料の無償化」を現職の実績としてアピールしていた。    今後の政策として「東京大改革2.0」を掲げ、新型コロナウイルスの感染拡大防止と経済活動の両立、多様性に配慮した「共生社会」、そしてデジタル化による行政改革などを打ち出している。    今回の選挙戦では街頭演説などは行わず、オンラインでの選挙戦を展開。公約の説明や「オンライン演説」として都の各自治体に向けた動画などを80本以上ユーチューブに投稿している。    ツイッターではハッシュタグ「#小池ゆりこに物申す」にて自身への意見や疑問を募集し、一部に対して動画で回答していた。また、4日の夜には「公務優先・コロナ対策」のためにオンラインでの選挙戦を行ってきたことを改めてアピールしていた。 [ad_2] Source link

(元)候補者から見た東京都知事選 偏る報道、政党の思惑…選挙の「本当の目的」を問い直そう

   過去最多となる22人が出馬した東京都知事選(2020年7月5日)で、「23人目の候補者」になるかもしれなかった人物がいる。    高橋尚吾(しょうご)さん、36歳だ。    高橋さんは2016年の都知事選に出馬。まったくの「無名候補」であったが、「政争から行政を切り離す」という政治信念をひたすらに語り続ける、あまりにまっすぐな選挙活動を展開。他の候補の応援演説まで買って出た。結果、候補者21人中9番目となる1万6664票が彼に投じられた。    今回の都知事選においても、直前まで立候補を考え、思い悩んだが、最終的には断念し、「元候補者」として、この選挙を見つめることに。高橋さんが見た都知事選の実情、出馬断念にいたる葛藤、今回の選挙への思い――そして、本来求められる、地方選挙のあり方とは。    投票日を前に、高橋さんの手記をJ-CASTニュースでは掲載する。 7月5日投開票を迎える都知事選。そのあり方を改めて考える 私達の都知事選    6月18日から始まり7月5日に投開票を迎える東京都知事選は、折り返しを過ぎると世間の盛り上がりは一定の落ち着きを見せるものである。しかし候補者達は、報道格差(特定の候補ばかり取り上げる偏向報道問題)の影響を目の当たりにし、有権者の反応を踏まえさらに自らを駆り立てていく。    終盤になれば、報道機関は最後の盛り上がりを演出するが、それを客観視する有権者の、政治へ失望や様々な問題に置き去りにされた当事者の声が取り上げられることはまずない。    多くの思いが複雑に交錯し投票の日を迎える。    それが私達の東京都知事選である。    前回の都知事選で私は一候補者の立場から、様々な立ち位置の人を目の当たりにした。    テレビの主張をそのまま判断基準とする多くの人々、政権争いのため都知事選は不正をしてでも勝つべきと叫ぶ政党支持者、偏った選挙報道への不満を語るマスコミの若手社員、「この子の生きるこれからの社会は絶望的」とつぶやく幼い子を連れた母親。    皆、救われたのだろうかとふと思う。    選挙カーや報道からは、都民のため、この問題の解決を唱えるのは誰それ、といった内容ばかりだったからだ。 2016年の都知事選、立合演説会で演説した高橋さん    私が都知事選に出馬したきっかけ、それは衝動的なものだった。    舛添要一都知事(当時)の辞任のニュースが目に入ったその時、強い衝撃が走った。走馬灯が見え、そしてそれが過ぎ去った後には「今すべきなのだ」という深い確信だけ心の中に残っていた。    当時私は怪我の手術や職場の人間関係のトラブルなどが重なり療養中で、そこからようやく社会復帰をしようとした矢先だった。手持ちの資金はなく、辞任から約3週間後と決まった告示日(立候補の締め切り日)に向け、政策や支援を訴え駆けずり回った。次第に支援や貸し入れの申し出が集まり、供託金(立候補の際に国に預ける金)300万円をかき集め立候補に至ったのである。    おそらく、これだけではご覧の皆さんも私を変人の類と思うことだろう。なので簡単に自己紹介をするが、私はその時まで社会問題を分析し続けており、10年以上にそれは及んでいた。    ひたすら負け犬と呼ばれ救済されない氷河期世代の実情、社会の破綻も予測される強烈な少子化、政治学でも指摘される政治上の過ちが見過ごされている現状に憤りを持ち続けていた。若い頃からだったため昔は「大人は何をやっているんだ」という思いだった。それは大人と呼ばれる年代になっていた出馬時には「大人として筋を通すべきは今である」という思いへと結びつくこととなる。 都知事選の「本当の目的」と実態 続きを読む 1 2 3 全文表示 [ad_2] Source link

【WHO発表】 新型コロナに新事実が判明!!!

1: 2020/07/03(金) 18:51:02.07 ID:SBP6pS6Z0● BE:295723299-2BP(2000).net WHO、ネコからコロナ感染リスクは「ほとんどない」 7/3(金) 16:17 ロイター  世界保健機関(WHO)の主任科学者が2日、ペットを介して飼い主が新型コロナウイルスに感染するリスクは「極めて小さい」との見解を示した。  WHOによると、あなたが膝の上のもふもふをなでなでしても、新型コロナに感染する危険性はほとんどないという。  WHOは2日会見で、ペットから新型コロナに感染するリスクは極めて小さいと述べた。主席科学者のスワミナサン氏は「家庭内の動物が感染源となるのではないかとの懸念が一部にあるが、そのリスクは極めて小さい」と述べた。  そのうえで「ネコ科の動物は、トラでさえ人間から感染することはあるが、動物から人間への感染を示す証拠はほとんどない」と指摘した。  獣医らは動物から人間への感染は極めてまれであるとして、飼い主らを安心させようとしている。  仏国立獣医学校のルノー・ティシエ氏は「日常においてペットが感染に関わっているという証拠はないと、改めてメッセージを発したい。ペットに危険はなく、潜在リスクがあるからとペットを捨てるのは問題外だ」と述べた。 https://news.yahoo.co.jp/articles/c88b993752ea43d99018519c554584290ed7e793 128: 2020/07/03(金) 22:03:12.88 ID:bkU4kqmb0.net >>1 ウソつけ ネコは身体中を舐めてるじゃないか ☆おすすめ記事☆ 金正恩、一ヶ月ぶりに姿を現すも完全に誰?wwwwwwwww 週刊誌が安倍昭恵夫人のとんでもない写真を入手した模様wwwwww アメリカ国会、中国人の銀行口座を差し押さえると発表!!!! 【宣戦布告】 イギリス政府「中国政府が香港人に危害を加えたら潰す」 【新型コロナ】 新宿、渋谷、六本木が立ち入り禁止地域に指定!!!! 今日日本に帰国した中国で拘束された日本人スパイ、その正体がヤバすぎたwwwwwwww 引用元: ・https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1593769862/ 続きを読む Source link

日本にも「マグニツキー法」(人権制裁法)が必要? 香港「国安法」とどう向き合うか

   香港での反体制的な言動を取り締まる「香港国家安全維持法(国安法)」の成立・施行翌日にあたる2020年7月1日、在日香港人でつくるグループが、法律による影響を訴える記者会見を国会内で開いた。    与野党の国会議員3人も参加し、法律を批判。無所属の山尾志桜里衆院議員は、「マグニツキー法」として知られる人権制裁法に言及。「そういうツールを日本の国会も持った方が、日本政府の外交にとっても、絶対いいはず」として、日本でも同様の法律の制定を訴えた。 登壇した3人の在日香港人(写真奥)はマスク姿で、そのうちひとりは、黒いパーカーのフードを深くかぶっていた。写真手前の3人は奥から中谷元衆院議員(自民)、山田宏参院議員(自民)、山尾志桜里衆院議員(無所属) 会見出席で「『外国勢力との結託』とみなされ、香港に帰った途端逮捕されるかもしれない」    集会を主催した在日香港人グループは「香港の夜明け」を名乗り、メンバー3人が登壇。3人ともマスク姿で、そのうちひとりは、黒いパーカーのフードを深くかぶっていた。メンバーによると、 「今、この場にいる香港人たちは、新しい法律によると『外国勢力との結託』とみなされ、香港に帰った途端逮捕されるかもしれないことを念頭に置かなければならない」 ためだ。    日本政府は6月30日、法案の可決・成立を受けて「遺憾の意」を示す談話を出している。「香港の夜明け」メンバーは、 「香港情勢に関心をお持ちの皆様に、香港人の一員として感謝の意を申し上げる」 「何よりも重要なのは、香港人が自分の未来を自らの手で決められるかどうか、そして、その決定を尊重する国際社会が存在するかどうか、だ」 などと訴えた。 「内政干渉」なのか 続きを読む 1 2 3 4 全文表示 [ad_2] Source link

【新型コロナ】 日本の対策失敗が世界から笑われる・・・

【G7/WTO】韓国人「日本の最近の行動…コロナウイルス対策の初動に失敗し、世界から失笑を浴びて相当余裕がなくなっている」 1: 2020/07/03(金) 18:56:38.76 ID:CAP_USER.net ■韓国のG7参加に反対「日本が主導権を失う憂慮があるのでは」 「韓日関係が過去の垂直的な関係ではなく、水平的な関係に変り、日本がアジアにおける主導権を失うかもしれない。そういう憂慮が根底にあるのでしょう」(聯合ニュース、7月1日) こう話したのは、金尚祚青瓦台政策室長だ。世界貿易機関(WTO)の事務総長に韓国が立候補したことを日本が反対しているように見えることについてどう思うか、と聞かれた質問に答えたもの。 トランプ米大統領がG7へ韓国やロシアなどを招待したが、韓国の参加について日本が反対しているという報道が流れると、青瓦台は、「恥知らずの極みで非常識」(ニュース1、6月29日)と強く反発し、「日本の態度は自ら掲げた『アジア代表の走者』という主張に傷をつけるだけだ」(東亜日報、6月29日)と報じたところもあった。 ■「反日を乗り越えて、撃ち勝とう」 進歩派の人々の中には最近、「『克美用美』(米国については、克服して利用しよう)、『用中知中』(中国はよく知って利用しよう)、『反日撃日』(日本には反日を乗り越えて、撃ち勝とう)」と話す人が出ていると中道系紙記者は言う。 「日本の最近の行動は、以前の日本では見られなかったものです。それはコロナウイルス対策の初動に失敗して世界から失笑を浴びたこととも無関係ではないでしょう。相当、余裕がなくなっていると感じています」 日韓間で次に懸念されるのは徴用工問題で賠償を求められていた日本企業の資産の現金化が現実となった時だ。そうなった時、日本はまた、日韓ともに損害を被る、さらなる「輸出管理」を行うのか。 韓国は、コロナウイルス対策では世界から認められたという自負を、そして米国からG7へ招待を受けたという自信を持っている。今までの韓国とは異なることを日本は見極めなければならない。 (菅野 朋子) 文春 https://news.nifty.com/article/item/neta/12113-715966/ 4: 2020/07/03(金) 18:57:38.72 ID:TvJV/a3D.net 精神的勝利宣言ニダ ☆おすすめ記事☆ 金正恩、一ヶ月ぶりに姿を現すも完全に誰?wwwwwwwww 週刊誌が安倍昭恵夫人のとんでもない写真を入手した模様wwwwww アメリカ国会、中国人の銀行口座を差し押さえると発表!!!! 【宣戦布告】 イギリス政府「中国政府が香港人に危害を加えたら潰す」 【新型コロナ】 新宿、渋谷、六本木が立ち入り禁止地域に指定!!!! 今日日本に帰国した中国で拘束された日本人スパイ、その正体がヤバすぎたwwwwwwww 引用元: ・https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1593770198/ 続きを読む Source link