「ウッズの自動車横転事故、速度超過でカーブ曲がれず」

By | April 8, 2021


タイガー・ウッズとジェネシスGV80
タイガー・ウッズとジェネシスGV80

「ゴルフ皇帝」タイガー・ウッズの自動車横転事故は、超過スピードで走行し、カーブに対処できず発生したと、米現地警察が結論を出した。

7日(現地時間)の米CNN放送などによると、ロサンゼルス(LA)郡保安官室は、2月に発生したウッズのSUV自動車横転事故の原因についてこのように明らかにした。

ウッズは2月23日、LA近郊で現代車ジェネシスGV80のSUVを運転中、下り坂で自動車が横転する事故を起こした。この事故でウッズは脚の骨折など大けがを負って手術を受け、現在は自宅で回復中だ。

現地警察はブレーキを踏んだ跡が見られなかったとし、ウッズがパニック状態で加速ペダルをブレーキと間違えて踏んだ可能性を提起した。LA郡保安官室の関係者は「ブレーキを踏んだ記録はゼロ」と説明した。当時、ウッズが運転していた車は木に突っ込んだ後に宙に浮き、片輪走行になったと明らかにした。

別の関係者は「ウッズの車は当時、最高87マイル(約140キロ)の速度を出し、木に突っ込むまでの速度は時速75マイル(約120キロ)だった」と伝えた。事故が発生した道路の制限速度は時速45マイル(約72キロ)という。

現地警察はウッズの事故当時、薬物の使用や飲酒の証拠がなかったため、血液検査のための令状は申請しなかったと説明した。ウッズのけがの状態を考慮すれば現場で飲酒測定などの検査をするのは適切でなかったとも伝えた。また警察はウッズに召喚状を発行したり「不注意運転」で起訴したりはしなかった。

一方、ウッズはこの日、SNSを通じて、医療スタッフなど事故当時に助けを受けたすべての関係者に感謝の言葉を伝えた。ウッズは「私は自分の回復と家族に集中する」とし「私が受けた声援と支持に感謝する」とコメントした。



Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *