「アストラ製ワクチン、血栓副作用と関連ある」…欧州医薬品庁関係者

By | April 7, 2021


アストラ製ワクチンを準備する医療スタッフ。フリーランサーのキム・ソンテ
アストラ製ワクチンを準備する医療スタッフ。フリーランサーのキム・ソンテ

オックスフォード大学とアストラゼネカの新型コロナウイルスワクチンを接種後に血栓が生じる事例が報告されている中、欧州医薬品庁(EMA)関係者がアストラゼネカのワクチンと血栓の間に関連性があると話した。

AFP通信が5日に伝えたところによると、EMAのワクチン責任者であるマルコ・カバレリ氏はこの日、イタリアメディアとのインタビューで「アストラゼネカのワクチンと、極めて少数の報告があった特異血栓症との因果関係はないと言うのはますます難しくなっている」と明らかにした。

彼は「私の意見ではワクチンと関連があるということは明らかだ。何がこうした反応を引き起こしたのかは依然としてわからない」と説明した。その上で「近くワクチンと血栓副作用の関係性がEMAによって明らかになるだろう」と付け加えた。

カバレリ氏は「私たちは現在何が起きているのか正確に把握し、ワクチンにともなうこの症候群を細部的に定義しようと努力している。こうした評価作業が終えられるにはまだ時間がかかる」と話した。

EMAは先月18日にアストラゼネカのワクチンの安全性評価結果を発表した。

当時EMAはアストラゼネカのワクチンと一般的な血栓リスク上昇との関連性はないとしながらも、極めて珍しい事例の特定血栓症との因果関係は完全に排除できず追加評価を進めていると明らかにした。

だがその後も血栓症の事例が出ており、安全性に対する懸念は収まらずにいる。英国やドイツだけでなく欧州各国でアストラゼネカのワクチン接種後に血栓副作用で死亡した事例が多く発生した。

英国保健当局によると英国でアストラゼネカのワクチン接種後に血栓副作用を見せた事例は30件だった。7人が死亡し、22人は脳静脈洞血栓症(CVST)が現れた。ドイツの場合、31件の血栓副作用が発生し、このうち9人の死亡者が発生した。これに対しドイツは60歳以上、フランス、スウェーデン、カナダは55歳以上を対象にアストラゼネカのワクチンを接種中だ。ノルウェーとデンマークは全年齢を対象にアストラゼネカのワクチン接種を中断した。



Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *