中国、新型コロナ危機の中で今年経済成長率見通し6%以上を提示

By | March 5, 2021


中国が新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)危機の中でも2021年経済成長率見通しを6%以上で提示した。

李克強首相は5日午前、北京人民大会堂で開かれた第13期全国人民代表大会(全人代)第4回会議の政府業務報告を通じてこのような計画を明らかにしたと主要外信が報じた。

李首相は「経済成長率見通しを6%以上とした理由は、経済回復状況を考慮し、各分野の改革と革新、質的成長を推進するのに役立つだろう」と説明した。

中国は昨年、世界主要国家のうち唯一2.3%のプラス経済成長率を記録したことがある。力強い景気浮揚策が要因になったという分析が出ている。中国政府は2019年2.8%だった国内総生産(GDP)対財政赤字率を2020年「3.6%以上」に引き上げたりもした

李首相は今年経済正常化のために財政赤字目標値を国内総生産に対して3.2%前後で調整すると明らかにした。

昨年1兆人民元(16兆6740億円)規模で組まれた新型コロナ防疫関連の政府債は今年は発行しないことにした。

あわせて消費者物価は3%前後、都市失業率は5.5%前後に設定して雇用は1100万件以上創出することにした。



Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *