米国「韓国と日本、韓半島の脅威を扱ううえで核心要素」

By | March 4, 2021


米ホワイトハウスが韓半島(朝鮮半島)の脅威への対応において韓国と日本が核心要素だと強調した。

ホワイトハウスのサキ報道官は4日(日本時間)の記者会見で、米国・韓国・日本の3カ国会談が近いうちに予定されているかという質問に対し、「ある時点に明確にあるだろうが、現在発表する必要はない」としながらも、「もちろん日本と韓国は朝鮮半島での脅威を扱ううえで核心の要素」と述べた。

一方、最近「慰安婦は自発的な売春婦」という内容の論文で論議を呼んだハーバード大のマーク・ラムザイヤー教授の主張で韓日間の葛藤が深まったことについては、「現在この件について知っていることはない。詳しく調べてみる」と答えた。



Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *