習近平主席に憎まれた馬雲氏、中国最大の富豪から4位に墜落

By | March 4, 2021


馬雲氏
馬雲氏

中国最大富豪だった電子商取引会社アリババグループの創業者、馬雲氏が中国最高の富豪の座から降りた。馬雲氏が立ち上げたアリババが中国政府の監視と規制で揺らぐ現実がそのまま反映された結果だ。

2日(現地時間)、ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が引用したリサーチ会社フルンの2021年中国富豪ランキングで馬雲氏は昨年1位から4位に落ちた。彼は2019~2020年まで2年連続で1位だったが、3年ぶりに王座の席から降りた。

馬雲氏は財産が1年前より22%増えた550億ドル(約5兆8900億円)に達したが、中国のミネラルウォーター会社に最高の富豪の座を明け渡すしかなかった。

中国最高の富豪はミネラルウォーター最大手・農夫山泉の鍾睒睒会長で今年1月15日基準で財産が850億ドルで、中国はもちろんアジア最高の富豪に上がった。同時に、世界トップ10の中で7位を占めて世界10大富豪ランキングに初めて選ばれた。情報技術(IT)企業テンセントの馬化騰会長(50)、電子商取引会社ピピンドウドウのコリン・ホアン会長(41)が後に続いた。二人の財産はそれぞれ750億ドル、690億ドルだ。

馬雲氏は昨年10月、あるフォーラムで規制当局を「質屋」に比喩して非難し、アリババの子会社アントグループの香港証券市場上場が証券当局の撤回で水の泡になった。中国金融と証券当局はアリババとアントグループの支配構造まで問題とし、反独占撤退を持ち出した。

中国政府は行方不明説が出回っていた馬雲氏を昨年末あるオンラインリアルタイム動画で登場させ、彼に田舎の英語教師という「本分」に忠実するように求めるようなメッセージを伝えた。当時、馬雲氏は画像で農村地域の教師100人余りとオンラインを通じて対話する姿がリアルタイムで中継された。

過去英語教師だった馬雲氏は年末になると農村地域の教師たちを励ます行事を中国海南省三亜市で行ってきた。馬雲氏は当時「このごろ、同僚らとともに学び、考えた」として「中国企業家は『田舎の再活性化と共同繁栄』という国のビジョンに奉仕しなければならないと結論を下した」と話した。



Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *