トランプ大統領が見栄を張ったワクチンが不足…接種中断事態に

By | January 22, 2021


新型コロナワクチン
新型コロナワクチン

多くの難題を抱える米国のバイデン新大統領が直ちに解決すべき問題は新型コロナワクチンだ。トランプ政権の任期末から浮上したワクチン物量不足問題がついに接種中断事態を迎えた。

バイデン大統領が就任した20日(現地時間)、ニューヨーク市は保健局が運営するワクチン接種所15カ所の運営を翌日から4日間中断すると明らかにした。

米ニューヨークのビル・デブラシオ市長は記者会見で「ワクチン供給が需要に追いついていない」とし「接種予定者2万3000人は今週中に接種できなくなった」と述べた。これを受け、警察官の接種も保留され、従来の接種日程も1週間ずつ延期された。

ニューヨーク市は今回の事態の主な原因にモデルナ製ワクチンの供給遅延問題を挙げた。モデルナは連邦政府が指定した流通会社と契約を結んだが、運送の過程で支障が生じているという。ニューヨーク市は約10万回分のモデルナ製ワクチンを待っていると明らかにした。

ワクチンが適時に到着しなかったのはウエストバージニア州も同じだ。ここはすでに最初に供給された物量の99.6%を接種した。需要に合わせるためには4万8000回分が追加で到着しなければならないが、供給の話はない。このほか、カリフォルニア州、フロリダ州、テネシー州も数万回分のワクチン供給を待っている。

◆トランプ大統領が功績を残そうとしたが…期待値だけ高まる

ワクチン不足を訴える州政府は、今回の事態がトランプ政権の過度な目標設定によるものと指摘している。これに先立ちトランプ政権は昨年末までに4000万回分を普及させ、2000万人に接種するという計画を立てた。しかし接種開始から1カ月が経過した現在もこの数値を達成できていない。米疾病対策センター(CDC)のワクチン追跡システムによると、この日午前基準で3599万回分が配布され、1652万人が接種した。

配布現況がまともに集計されていない点も問題だ。CNNによると、連邦政府の供給量数値を発表するCDCは工場から出荷されたワクチンの固有番号を基準に記録している。しかし州政府はこの数字が到着分を意味するものでないと主張している。ミネソタ州保健局のクリス・エレスマン伝染病担当局長は「CDCは出荷されればすべて供給量というが、実際には州政府の接種所の棚に置かれてこそ本当の供給量」と指摘した。

連邦政府のワクチン配布量と州政府が受けた物量に差があるため、現場でも混乱が続いている。テネシー州は受けた物量が連邦政府が発表した供給量より7万6000回分も少ないが、予約者が集まって対応に追われている。テネシー州保健局長は「連邦政府がどのような基準で配布量を発表しているのか分からない」とし「実際より高く発表された数値のため人々の期待値ばかりが高まっている状況」と訴えた。

これに先立ちバイデン大統領は就任後100日以内に米国人1億人に新型コロナワクチンを接種するという計画を発表した。このため連邦基金と国防生産法(DPA)を動員して物資供給を拡大し、配布速度を高めることを検討しているという。



Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *