今度は米国で新たな変異ウイルス2種発見…「3週間で広がる」

By | January 14, 2021


新型コロナウイルスの変異種が相次いで確認されている。[写真 CDC]
新型コロナウイルスの変異種が相次いで確認されている。[写真 CDC]

今度は米国だ。新型コロナウイルスの変異種が相次いで確認されている。英国と南アフリカ、日本に続いて4番目の変異ウイルスが発見された。

13日(現地時間)のロイター通信によると、米オハイオ州立大ウェクスナーメディカルセンター(WMC)の研究陣は2種の新たな変異ウイルスを発見したと明らかにした。1種はオハイオ州の州都コロンバス地域で3週間で急速に広がり、別の1種は1人から発見され、伝播は確認されていない。

研究陣はコロンブス地域の変異ウイルスの場合、従来の新型コロナで見られなかった、遺伝子の3度の変異が確認されたと報告した。これは英国や南アフリカ、日本など他国の変異ウイルスに由来するものではないことを表していると、研究チームは説明した。

これに関連し、現在、米疾病対策センター(CDC)が変異ウイルスの研究を進めていると、CNBCは伝えた。米国は先月から新型コロナワクチン接種を開始し、現在1000万人以上が接種している。



Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *