王毅外交部長がきょう訪日…菅政府発足後、初めての中国高位級要人の訪問

By | November 24, 2020


韓国外交部の康京和長官(右)と中国の王毅外相
韓国外交部の康京和長官(右)と中国の王毅外相

中国の王毅外交担当国務委員兼外交部長が24日、1泊2日の日程で日本を訪問する。今年9月に菅義偉内閣発足してから、中国の高位級官僚が日本を訪れるのは今回が初めてだ。

王外交部長は24日に茂木敏充外相と、25日には菅首相と会談する予定だとNHK放送は伝えた。

今回の訪問で両国は、新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)発生以降、ブレーキがかかった人的交流を再開するために、事業上訪問者に対して入国および検疫規制を緩和するいわゆる「ビジネストラック」例外措置に関連して協議する予定だ。

日本はこれに先立ち、シンガポール、韓国、ベトナムなどとビジネス目的の出張者の往来を再開したが、まだ中国には国境を開いていない状態だ。

両国はまた、米国大統領選挙を含めた国際情勢など幅広い分野で意見を交わす方針だ。日本側は日中間の領土紛争地域である尖閣諸島(中国名・釣魚島)問題と香港情勢などへの懸念も率直に伝える予定だと日本メディアは伝えた。

今回の会談で、新型コロナによって延期になった習近平国家主席の国賓訪問議論が進展するかどうかも注目されている。これに関連して茂木外相は最近、記者会見で「今、新型コロナの収束に最優先で取り組む時期だと考えている。現段階で具体的な日程を調整する段階にない」と言及した。

NHKは王外交部長の今回の訪日が「中国としては、アメリカとの対立が激しさを増すなかで、アメリカの同盟国である日本への王毅外相の訪問を通じて、いわゆる『中国包囲網』を切り崩したい思惑もある」と解釈した。

中国国務院傘下のシンクタンクである中国社会科学院日本研究所の呂耀東副所長は、NHKに対して「中国と日本は世界第2、第3の経済大国であり、両国の経済関係の発展は政治や安全保障の面での緊張緩和にもつなげられる」と話した。

続いて、韓日中と東南アジア諸国連合(ASEAN)10カ国、ニュージーランド、オーストラリアなど15カ国が参加した東アジア地域包括的経済連携(RCEP)が発足した中で、韓日中自由貿易協定(FTA)の早期妥結が今回の訪問の最も主要な議題の一つになるだろうと展望した。

王外交部長は25日午後に日本を離れて韓国に向かう。



Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *