韓国候補・兪明希氏に不支持を示す日本「WTO事務局長選でナイジェリア候補支持」

By | October 26, 2020


兪明希(ユ・ミョンヒ産業)韓国産業通商資源部通商交渉本部長
兪明希(ユ・ミョンヒ産業)韓国産業通商資源部通商交渉本部長

日本政府が世界貿易機関(WTO)事務局長選で兪明希(ユ・ミョンヒ産業)韓国産業通商資源部通商交渉本部長でないナイジェリア出身のオコンジョイウェアラ候補を支持する方針だと共同通信が25日、報じた。

共同通信によると、日本政府はこのような方針を伝え「WTO事務局長は個別紛争には関与しないのが慣例だが、兪氏が当選する場合、紛争解決手続きの公平性に影響しかねない」と判断したものと観測される。通信は外務省関係者を引用して「日本政府には(兪氏がWTO事務局長になる場合)紛争が公正に処理されるか懸念する雰囲気がある」と伝えた。

このため、日本政府はWTO事務局長選で兪氏を含んで8人が出馬した今年7月からオコンジョイウェアラ氏などアフリカ出身候補を支持する方針に立場を調整してきたという。実際、兪氏は日本が韓国大法院(最高裁)の徴用判決に対する事実上の報復措置で韓国向けの輸出規制を強化すると、この問題をWTOに提訴する時重要な役割を果たしたことがある。

日本政府はオコンジョイウェアラ候補が閣僚で活動した経験があり世界銀行で長期間勤めるなど国際実務に精通して適任者という意見を近いうちWTO側に伝える計画だ。

WTO事務局長選は規定上投票で結論を出すことができるが、慣例的に合意を重視して投票まで続いたことがない。通信は「このような理由で兪氏が多数の支持を確保する場合、日本はその就任を受け入れるだろう」と見通した。



Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *