韓国人「日本社会が嫌韓化‥」嫌韓デモの在特会設立者「桜井誠」が東京知事選で4年前より6万票UPの快挙! 韓国の反応

By | July 7, 2020

17万8千票で5位…「日本社会の排他的雰囲気を反映」評価

5日に行われた東京都知事選挙で、嫌韓デモを主導した右翼候補が4年前の選挙時より得票数を6万票以上引き上げた。

東京都選挙管理委員会によると、桜井誠前「在日特権を許さない市民の会」(在特会)会長は前日実施された東京知事選で17万8,784票(得票率2.92%)を獲得し、5位となった。

桜井は16年7月の東京知事選挙では11万4,171票(得票率1.74%、5位)を記録したが、4年ぶりに行われた今回の選挙で6万4613票をさらに獲得した。

彼は在日韓国・朝鮮人特別永住権の廃止などを要求し、06年に極右団体在特会を設立し、嫌韓デモを主導するなど、日本で反韓感情をあおり、差別を助長して批判を受けた人物だ。

専門家は、「新型コロナウイルス感染症が拡散した中で、外国人に対する差別意識、排他的な雰囲気が強まったことが票で分かった可能性がある」と診断した。

嫌韓デモ問題などに触れたジャーナリストの安田晃一氏は、桜井が16万票以上を獲得したことについて、「これほど票が集まるとは思わなかった」とし、「日本社会の排他的な雰囲気は私が思った以上に強かったようだ」と6日、連合ニュースの電話取材で語った。

彼はコロナ19が拡散する中、「朝鮮学校にマスクを与えるな」「韓国人には支援金を与えるな」などといった主張も出たと指摘し、「右翼候補に対する危機感が足りなかった。 自由主義陣営にも責任がある」と論評した。

安田氏は、今回の選挙で桜井候補が「コロナ19」を「武漢肺炎」と称するなど、中国人に対する差別意識を表わしたが、外国人に対する排他的な態度を以前のように前面に押し出してはいないとし、「排他性を隠したことがある程度の効果があったかもしれない」と分析した。

関東虐殺で犠牲になった朝鮮人に対する追悼文を拒否するなど、他民族に対する排他的態度を示した現職の小池知事が圧勝したことも日本社会の全般的な右傾化を見せてくれると憂慮した。

韓国の反応 

・日本政府が問題であって、日本人が問題ではないという人間は、その日本政府を誰が選ぶのか忘れたのか?

・日本極右は韓国嫌いだけど韓国極右は日本大好きwww

・日本は誰が首相になっても嫌韓する人間、日本と我々は国家的には絶対近づけない仲

・ここまで来たら、日本が右傾化しているなんて本当に大げさだよ

・日本はそのうち消える運命! 海外同胞の方々、戻ってきてください

・朝鮮総連とコネクションのある在日韓国人コミュニティの日本で犯す蛮行を知れば、在特会はむしろ日本の国益を代弁するものだ

・日本は自由主義陣営が少数だよw

・どうせ日本は皆嫌韓なので、誰が都知事に成っても嫌韓だ

・日本は外国人に支援金も支払った様ですが

・倭奴らは近いうちに沈没する

・ミャンマーが東南アジアの中で最も貧しくなった理由は、排他的で憎悪を利用したためです。ロビー力で防いでも結局は無駄です

・やはり日本は我々の最大の敵だ

・それで何をどうしろと言うのか..?

・日本はこの様につぶれていくんだな、排他的で閉鎖的な社会は健康でない社会だ。嫌韓という癌の塊とともに病的な社会に向かう日本はサヨナラ

・日本が日本したね

・まだこの桜井誠が生きている事に私は驚いた

・日本の奴らは韓国が無くなったらどうするの?

・親日勢力を捕まえて財産差し押さえ、日本に追放しよう

・韓国は大統領からして反日主義者であるのに…日本に言える事が無いだろ

注目記事