香港が短い生涯を終える 享年23歳

By | July 1, 2020

香港が逝去した。享年23歳、まだ志半ばの若者と同じ年齢でだ。1997年の誕生日と同じ7月1日が命日となった。カテゴリ名からも香港が消えた。今日から香港は中華人民共和国の完全支配を受け入れ新たな歴史を歩むことになる。誰にもどうすることはできない。
香港は死んだ 目に見えない戦車がやってきた
7/1(水) 1:00配信 産経新聞

2020年6月30日。目に見えない、中国の戦車部隊が静かに香港に進駐した。「香港国家安全維持法」という恐怖による香港統治の幕開けである。23年前の7月1日に始まった「一国二制度」の香港は、死んだ。
・・・

確かに中国本土から香港に入れば、尾行や盗聴の心配をしなくていい、ネットの規制もない、同じ中国ながら、ほっとできる空間が広がっていた。世界から人が集まり、国際金融センターとして機能できたのも、このためである。その自由が消えようとしている。

香港が英国から中国に返還される前、中国共産党は香港市民をこうなだめた。

「井戸の水は河の水を犯さず、河の水は井戸の水を犯さず」

返還から50年間、水が交わることはないから安心しなさい-。それが今、香港国家安全維持法という濁流に香港がのみ込まれようとしているのだ。

これまで自由に中国や香港政府を批判し風刺してきた香港の人々は口を閉ざし、仮面をかぶり始めた。政府は「一般市民に影響はない」と繰り返すが、それを信じる人はいない。
・・・

https://news.yahoo.co.jp/articles/12623c13d46c4c0fa28033489436067179f0e250

香港の命日は23歳の誕生日

香港の事は、もう無視してるんだと思いました。昨日は、何も話しませんでしたよね?

国家安全法の成立は避けられないものだったし、法律の施行は今日7月1日からだ。どうすることもできないのに嘆いても仕方ないだろう。香港市民はこれからは中国人民と同じ扱いになる。一国二制度の死、つまり香港の死だ。

悲しいです・・・。アメリカも、結局何もしませんでした。

1997年7月1日、一国二制度のもとに香港は誕生した。香港の誕生日だ。中華人民共和国は残酷にもその日を香港の命日に選んだ。香港は23歳の誕生日にこの世を去ったんだ。

わざとだったんですか?

かつての香港市民の意志を根元からくじくための筋書きだったと考えるのが自然だね。これでデモ活動をする人もいなくなる。表現の自由は禁止され、今日からは習近平国家主席のことを揶揄する活動も許されなくなる。ワトソン君にも十分に気を付けてもらいたい。

ええっ?ボク達もですか?

そうだ。本家は公の場だからだ。加えて中華人民共和国からのアクセスを遮断していない。つまり習近平主席が直接目にする恐れがある。もしも習近平主席の話をしたいならばコロマガ日本支部や海外支部でやろう。あそこならば安全だ。

分かりました・・・。香港は、今日死にました。さようなら!

カテゴリーの一覧からも”香港”の文字列を消した。これまで”台湾・香港ニュース”としていたものを”台湾ニュース”に変更した。これから香港の話題を取り上げる場合はすべて”中国ニュース”のカテゴリだ。細かいようだが、香港が死んだということを自覚するためには必要なことだ。

くしゅん・・・。
香港は希望さえない暗黒の時代へと突入する

産経新聞の記事がしめやかな雰囲気を出しているからな。記事の続きを読んでもそれが伝わってくる。暗黒の時代に入ったと評されている。希望があるようには見えない。
中国本土からは、国家安全当局の要員たちが香港にやって来る。習近平国家主席を批判しただけで、人民を逮捕してきたのが彼らだ。しかも香港国家安全維持法は、人権を保障した香港の法律よりも優先される。にらまれたら最後、逃れる手立てがない。

6月4日、天安門事件の追悼集会を取材したときのこと。1989年、中国の民主化運動が武力弾圧された天安門事件の集会も、今年が最後になるかもしれない。違法集会にもかかわらず、数千人が集まった。

16歳の女子高生がいた。天安門事件について「戦車に男の人が立ちはだかる写真が印象に残っています」と話した後、こう言ったのだ。「今、香港人がその戦車の前に立とうとしているのだと思います。私はちょっと怖いけど…」

怖くない人はいない。相手は見えない戦車だけに、どこから弾が飛んでくるか分からない。それでも、戦車に立ちはだかろうとする香港人たちは必ずいる。面従腹背の市民たちも、いつか仮面を脱ぎ捨てるときが来る。息の長い戦いになるだろう。国際社会もまた覚悟を迫られている。

夜明け前が最も暗い-。最近、自らにこう言い聞かせる香港人が多い。2020年6月30日、香港は暗黒時代に入った。

人民解放軍が、戦車をドンドン運び入れているという話を、先週見ました。今の香港は、どうなってるんですか?

“見えない戦車”も含めれば相当な数にのぼるだろう。だが一見香港省は安寧を保っているように見えるはずだ。自由民主主義を捨てて中国共産党への恭順の意を示した政財界や芸能界は普段と変わらない日々を過ごすと思われる。

香港省・・・。

規模的には香港市の方がふさわしいかな?呼び名は香港特別行政区のままかもしれないが。今のところ優遇措置はごく一部のみが廃止されているようだし、ドルペッグ制がなくならない限り特別行政区でいいかもしれない。

黒井さんは、香港が香港じゃなくなっても、悲しくないんですか?

その時はとうに過ぎた。数年前に悲しむべき時は終わった。これからは香港は正式に中華人民共和国の一員として生きていくことになる。少しでも前向きな流れを作らなければ今日を生き延びることさえ難しいだろう。それができないならば英国や台湾へと逃げることに活路を見出すしかない。

生まれ育った場所がなくなるのは、イヤです・・・。でも、確かに避けられない未来だった気がします。

香港デモの記事でこういう主張を見たんだよ。中国は50年間は民主主義を守ることを約束したのに、23年間しか守らなかった!という香港の小学生の言葉だ。50年間が23年間に短縮されただけで、元からこうなることは分かっていたんだ。子供は素直だね。

27年間は、大きいと思います!中国は、ウソつきです!
活動家の周庭氏は偶然23歳…民主派団体も解散へ

中国は英国との国際条約を破った。そりゃそうだ。当然の話だ。だが香港としても50年のまま一国二制度を終わらせるつもりはなかったはずだ。40歳代後半の壮年期には独立を要求し始めるかもしれない。中華人民共和国は香港が怖かったんだよ。だから志半ばの若いうちに意志をくじくことにしたんだろう。

調べてみたら、23歳って周さんと同じ年齢じゃないですか!そういう意味だったんですね・・・。

偶然にもな。活動家の周庭氏らが民主派団体を事実上解散することにしたようだ。個人的な活動を続けるとはしているが、これで民主派は完全に敗北することになった。悲しいがこれが現実だ。
周庭氏ら香港活動家4人、民主派団体を脱退
6/30(火) 17:10配信 AFP=時事

【AFP=時事】中国の全国人民代表大会(National People’s Congress、全人代、国会に相当)常務委員会が香港国家安全維持法案を可決したことを受け、民主活動家の周庭(アグネス・チョウ、Agnes Chow)氏や黄之鋒(ジョシュア・ウォン、Joshua Wong)氏らは30日、所属していた政治団体「香港衆志(デモシスト、Demosisto)」から脱退すると発表した。法律施行による同団体への取り締まりを避ける狙いとみられる。

脱退を表明したのは周氏、黄氏、羅冠聰(ネイサン・ロー、Nathan Law)氏、ジェフリー・ゴー(Jeffrey Ngo)氏の4人。香港衆志は普通選挙の実施を呼び掛ける運動を行っていたほか、中国当局による人権侵害に対して各国に制裁を求める活動を行っており、中国政府の怒りを買っていた。

4人は全員、今後も個人として活動を続ける意向を示している。黄氏はフェイスブック(Facebook)に「当局が私を黙らせ、この地から排除するまで、私の家である香港を守り続ける」と投稿した。
・・・

https://news.yahoo.co.jp/articles/c81f092c334668420574cc946e9a23ca20fb67b7

ネットユーザーの反応を見てほしい。

分かりました・・・。
・香港は、名実共に中国になりました。イギリスは舐められました(BOさん)
・権力によって、自由が、民主がつぶされました。日本人はよく覚えましょう(P6さん)
・香港から資本が外へと流れ、衰退していくでしょう。中国にもデメリットがあります(1Wさん)
・香港は死にました。サイゴン陥落のような脱出さえ許されない(BGさん)
・ツイッターで中国の人とやり取りしました。1時間後に凍結されていました(OZさん)

凍結?民主派だったのか?

逆です!香港やアメリカについてひどいことばかり言ってたら、すぐに凍結されたみたいです。ツイッターには、まだ自由があると思います。

なるほどね。そしてサイゴン陥落とは違うだろう。何しろ最初から人民解放軍は常駐していたからな。50歳までの人生を約束されたのが、23歳で意図せずその生涯を閉じることになった。この現実を我々は深く噛みしめなければならない。自治権を守るということがいかに難しいかを理解しなければいけない。中東でも同じことが起きようとしているね。この戦いはまだ終わらないんだよ。

香港の皆さん、イギリスに逃げて亡命政府を樹立して下さい!お願いします!

関連記事