韓国の「関係転換」の試みにも動かない日本…22日にわたり「電話会談」めぐりかけひきする韓日長官

韓日の外交トップの間で22日にわたり電話会談が行われずにいる。外交部の鄭義溶(チョン・ウィヨン)長官は先月8日に就任してから米国をはじめ、ロシア、中国、カナダ、英国、インドネシアなど各国のカウンターパートと「電話外交」にスピードを出しているが、日本との電話会談は果てしなく先送りされる様相だ。文在寅(ムン・ジェイン)大統領が三一節の記念演説で日本を「最も近い隣国」と呼んだことが色あせるほどだ。… 続きを読む

韓経:「米国が戻ってきた」というが…バイデン外交は所々で雑音

イランが先月28日(現地時間)、核問題に関連した米国と欧州の早期交渉提案を拒否した。ミャンマーでは米国の制裁にも軍部がクーデターに抗議するデモ隊を武力鎮圧して大規模の流血事態が発生した。ジョー・バイデン行政府が3年前ジャーナリストの暗殺背後に名指したサウジアラビア皇太子を制裁対象から除外したことに対しては「軽い処罰」という論議を呼んでいる。国際舞台で民主主義陣営の代表として米国のリーダーシップを回復するというバイデン大統領の構想が出発から暗礁にぶつかったという指摘が出ている。… 続きを読む

文大統領「東京五輪成功のため協力」韓日関係改善メッセージ(2)

実際、ある外交消息筋は「(強制徴用問題と関連して)昨年末から政府は、日本側に4~5種類の解決法を提示したが、すべて日本企業が先に賠償した後で韓国がこれを何とかして補償するという内容」としながら「これは日本にとっては受け入れ難い提案。今回の記念演説にも前向きな内容は見られない」と伝えた。… 続きを読む