Tag Archives: 立花孝志

小野泰輔氏「悔いはございません」桜井誠氏「大きな指針を示した」 立花孝志氏は…

   東京都知事選挙(2020年7月5日投開票)で現職・小池百合子氏の当選が確実になったことを受け、候補者たちが敗戦の弁を述べている。

  • 候補者たちの敗戦の弁とは(イメージ)
  • 候補者たちの敗戦の弁とは(イメージ)

「これだけの得票を全くの無名の私が取れた」と小野氏手ごたえ

   元熊本県副知事の小野泰輔氏は自身の事務所で会見し、インターネット上でのライブ配信も行った。「このような結果になりましたけれども、私の中で悔いはございません」と語り、

「私の理想は民主主義をもっともっと前に進めていくこと。都民あるいは国民がですね、自分事として本当に政治と向き合って、どのような政治参加をしていけばよい社会を作れるか、よい東京が作れるのか、子供たちに心より良いものを残せるのか、そういうことを考えるきっかけを作りたかったんです。ですから、これだけの得票を全くの無名の私が取れた、ということ自体が私は自身自身でも驚いてます」

などとコメントしている。

   日本第一党党首の桜井誠氏は、NHKが発表した出口調査で5番手につけた(前回2016年の都知事選は約11万票を獲得し5位)。ユーチューブでライブ配信を行い、

「確かに今回の選挙、敗れはしました。今後の小池百合子さんの活躍を期待したいと思います。しかしながら、今回のこの選挙、ひとつの大きな指針を示したと思います。バーチャル選挙、バーチャル街宣、バーチャル対談。こういったものを通じまして、皆さんもバーチャル、ネットの力を少しでも感じていただけたんじゃないかと。そして次の選挙です。次の選挙でそれを生かしていかなきゃいけないということです」

   と「バーチャル選挙」の効果などについて語った。

TikTok人気「混沌さん」に「迷惑系YouTuber」も… 立花孝志氏「応援演説」の異色な顔ぶれ

   東京都知事選挙(2020年7月5日投票)に立候補したNHKから国民を守る党党首の立花孝志氏が2020年6月29日、新橋駅SL広場前で街頭演説を行った。

   複数のユーチューバーが、立花氏の選挙カーに登壇し応援演説をした。その中で披露された「混沌ラップ」がSNS上で話題となっている。

  • 立花孝志氏(2017年撮影)
  • 「混沌さん」のTikTok
    「混沌さん」のTikTok
  • 立花孝志氏(2017年撮影)
  • 「混沌さん」のTikTok

首里城復興ボードに「落書き」を行ったユーチューバーも

   「混沌ラップ」とは、ショートムービーアプリ「TikTok」内で有名な「混沌と混沌の間で~」というラップ。「TikTok」上でこのラップを披露し、自らも「混沌さん」と呼ばれるようになった配信者自身が、「混沌ラップ」を立花氏の選挙カー上から披露した。30日現在「混沌さん」の「TikTok」のフォロワー数は約23万人、YouTube上のチャンネル登録者数は4万人を超える。

   「混沌ラップ」の元ネタは、男性声優18人による音楽原作キャラクターラッププロジェクト「ヒプノシスマイク」の楽曲。2019年4月に公開された「Hoodstar」という楽曲の、いわゆる「歌ってみた」作品である。もっとも、今回都知事選にかかわる街頭演説にこの歌が用いられたことに対して、ヒプノシスマイクのファンだとみられるユーザーからは、

「こんなことにヒプマイ使われんのめっちゃ嫌」

といった声も上がった。

   立花氏の応援には、「混沌さん」のほかにも多数の動画配信者が訪れた。立花さんは前28日、自身のツイッター上で「迷惑系YouTuber」が応援演説に来ると予告。告知されたのは強引にコラボ放送を迫ることで知られる配信者だった。この配信者は、J-CASTニュースでも、首里城公園内に設置されたメッセージボードに落書きを行ったことで報じている(首里城復興ボード、ユーチューバーの「落書き」で撤去 施設側「残念な気持ちでいっぱい」)。今回の街頭演説は、この動画配信者を目玉とし、立花氏のYouTubeチャンネル上でも生配信が行われていた。

都知事選「出馬予定5人」が副知事案を披露 山本太郎氏「この候補者の中でいうと、宇都宮さん。そして小野さん」

   東京都知事選(2020年6月18日告示、7月5日投開票)をめぐり、立候補予定者5人によるオンライン記者会見が6月17日、開かれた。

   れいわ新選組の山本太郎代表(45)は、当選した際には元日弁連会長の宇都宮健児氏(73)を副知事に起用する意向を明らかにした。山本氏は6月15日に出馬表明したばかりで、先に出馬表明していた宇都宮氏との間で、いわゆる「リベラル票」を奪い合う可能性も指摘されてきた。宇都宮氏の支持層の切り崩しを図ったとの見方も出そうだ。

  • 都知事選立候補予定者5人による記者会見は「Zoom」のウェビナー機能を使って行われた
  • 都知事選立候補予定者5人による記者会見は「Zoom」のウェビナー機能を使って行われた

IR推進派の小野氏も「行政マンとして非常に優秀」と評価

   会見は、日本記者クラブが主催し、オンライン会議システム「Zoom」のウェビナー機能を使って90分にわたって論戦した。山本氏、宇都宮氏以外に、現職の小池百合子氏(67)、元熊本県副知事の小野泰輔氏(46)、 NHKから国民を守る党の立花孝志党首(52)が出席した。

   宇都宮氏の起用案は、終盤の

「都知事に就任した場合、どなたを副知事に任命したいか」

という質問に対して出たもので、山本氏は

「この候補者の中でいうと、やはり私は宇都宮さん。現場のことを、よく分かってらっしゃる。やはり、困った方に寄り添うという心を持った方。そしてもうひとり、小野さん。それは、行政マンとして非常に優秀だろうと私は思っている。他にも、もしも4人という枠があるならば、私は障害当事者の方だったりとか、そういう方を入れたい」

などと述べた。

   山本氏と宇都宮氏と、福祉を重視するなど政策面で近いと受け止められている。ただ、山本氏と宇都宮氏はカジノを含む統合型リゾート(IR)施設誘致に反対する立場だが、小野氏は今回の会見でも推進を明言。仮に構想が実現したとしても、不協和音が起こる可能性がありそうだ。

   立花氏については

「あのー、立花さんを入れちゃうと、本当にNHKをぶっ壊すことになっちゃうと困るので…、すみません」

として「構想外」。参加者からは笑いが起こった。

N国とは「あくまで個人の立場」 釈明の玉木代表だが、続編動画ではこんな発言も

   国民民主党の玉木雄一郎代表が、自らのユーチューブチャンネルのゲストに「NHKから国民を守る党(N国)」の立花孝志党首を招いて対談した動画の続編が2019年9月19日に公開された。

   対談初回の公開直後から、党内外で「本当にあり得ない」という声が上がり、玉木氏は「『党として何か』ということにはつながらない」などと釈明していた。だが、続編では、N国メンバーを念頭に「そういう人たち、うちと協力してやれるなー」とも発言している。改めてN国との距離感が問われることになりそうだ。

  • 国民民主党の玉木雄一郎代表は、N国との関係について「『党として何か』ということにはつながらない」と話している

「『党として何か』ということにはつながらないので」

   対談は全3回。初回が9月13日に公開されると、連合の神津里季生会長が「あり得ない」とツイッターで共演を批判。国民民主の原口一博国対委員長も、神津氏のツイートを引用して「本当にあり得ない」と非難した。

   9月18日の定例会見での玉木氏の説明によると、9月10日に「NHKはぶっこわされる?」と題して公開した関健一郎衆院議員(元NHK)との対談動画を公開したところ、それを見たN国側からコンタクトがあり、立花氏との対談に至った。党内からの批判や、今後のN国との距離感の取り方については

「たまきチャンネル」は私が代表になる前からやっている個人チャンネルなので、あくまで今回も個人の立場でやったもの。『党として何か』ということにはつながらないので、その点はご理解いただきたい」

などと説明した。