Tag Archives: 東京都知事選挙

立憲・福山幹事長、山本太郎氏に「恨み節」 「最終局面になって出たということで…」

   現職の小池百合子氏(67)が他の候補に大差をつけて再選を果たした東京都知事選(2020年7月5日投開票)をめぐり、立憲民主党の福山哲郎幹事長は7月7日の記者会見で、「支持層が重なっている山本太郎さんが最終局面になって出たということで、野党側の票が割れることは自明になった」と述べた。    立憲、共産党、社民党などが元日弁連会長の宇都宮健児氏(73)の支援を決める中で、告示直前に、れいわ新選組の山本太郎代表(45)が出馬を表明。いわゆる「リベラル票」が割れることになり、それが有権者にもネガディブな印象を与えたとの見方だ。 記者会見する立憲民主党の福山哲郎幹事長。東京都知事選について「やっぱり、戦う姿勢としては野党がまとまって戦うという形をとりたかった」と話した 「都民にいくら投票を呼びかけても…」    国民民主党は自主投票だったが、原口一博国対委員長、平野博文幹事長、小沢一郎衆院議員らが宇都宮氏を支援。こういったことを念頭に、福山氏は都知事選を 「一定、まとまった形の選挙ができたと思う」 と総括したが、 「ただ、残念ながら、やっぱり支持層が重なっている山本太郎さんが最終局面になって出たということで、野党側の票が割れることは自明になった」 「野党が割れた状況が見える中で、都民にいくら投票を呼びかけても、『どうせ勝てないだろう』ということが、やっぱりあったのではないかと思っている」 とも述べた。宇都宮氏と山本氏の得票は、それぞれ84万4151票と65万7277票。両者の得票を足しても、小池氏の366万1371票には遠く及ばない。それでも福山氏は、 「やっぱり、戦う姿勢としては野党がまとまって戦うという形をとりたかったと、私自身は個人的に、そのように考えている」 と話し、山本氏の出馬を批判した。    なお、NHKや共同通信の出口調査によると、立憲支持層のうち宇都宮氏に投票したのは半数程度で、3割程度が小池氏に投票。山本氏に投票した人も2割近くいた。    ただ、福山氏は、れいわと「対立関係にあった」という見方には反発した。記者の 「れいわとの、ある意味、都知事選で対立関係にあった中、今後の衆院選において、野党連携で、れいわ新選組との連携というのはどのようにお考えか」 という質問に対して、 「元々、れいわとの連携について、我々は否定的なことを申し上げたことはないわけだし、宇都宮健児さんに対して我々が支援を決めたが、残念ながらそこで山本太郎さんが出馬をされたので…。別に我々は当初から山本さんと対立しようとして都知事選をやったわけではないので、そこは表現の仕方と…。なんか『対立した』と言うけど、我々は宇都宮さんでやろうと思っていたわけで、別にその時から山本太郎さんと対立しようと思っていたわけではないので、そこは表現の仕方はご留意いただきたい」 などと反論。「対立」があるとすれば、山本氏が原因だとの見解をにじませた。 「5%の話は、れいわさんがいつも言われていることなので…」 続きを読む 1 2 3 全文表示 [ad_2] Source link

桜井誠氏「コロナ」「減税」強調も奏功か 目立つ若者&都市部への浸透

   2020年7月5日に投開票された東京都知事選では、日本第一党党首の桜井誠氏(48)が前回16年の都知事選に続いて「5番手」となった。桜井氏は「在日特権を許さない市民の会」を立ち上げ、街宣活動が排外主義的だとして問題視されてきた。    桜井氏は3回にわたって開かれた「主要候補者」による討論会に一度も招かれなかったが、17万8784票を得票。前回から56.6%も得票を伸ばした。メディアへの露出がきわめて限られる中で、桜井氏はネットを利用した選挙活動を展開。中国を非難しながら新型コロナ対策を主張した。ネットを利用する度合いが高い年齢層や、千代田区や新宿区といった都心部での得票が比較的多かった。 桜井誠氏は前回2016年の都知事選と比べて得票を1.5倍に伸ばした(2016年撮影) 得票率高いのは台東区、中野区、千代田区、豊島区、新宿区    21人が立候補した前回16年は、桜井氏は11万4171票を得票。小池百合子氏、増田寛也氏、鳥越俊太郎氏、上杉隆氏に次ぐ5番手だった。    桜井氏は、現職の小池氏の再選確実が報じられた後に行った動画配信で、今回の選挙について「ひとつの大きな指針を示した」と総括。その意図を 「バーチャル選挙、バーチャル街宣、バーチャル対談。こういったものを通じて、皆さんもバーチャル、ネットの力を少しでも感じていただけたのでは」 などと語った。NHKが報じた出口調査の結果でも、桜井氏は5番手。年齢別に見ると、10代・20代と40代の支持が比較的多く、70代以上が最も少なかった。ネット利用の頻度が高い層の支持が多かったと読むこともできそうだ。    桜井氏の東京都全体の得票率は2.92%だが、地域別に見るとばらつきがあり、特に都心部での浸透が目立つ。最も高かったのが小笠原村と御蔵島村で、それぞれ3.65%。島しょ部以外では台東区(3.64%)が最も高く、中野区(3.50%)、千代田区(3.49%)、豊島区(3.48%)、新宿区(3.42%)と続いた。    逆に最も低かったのが青ヶ島村の0.00%(=0票)。島しょ部以外では檜原村(0.65%)、奥多摩町(1.45%)、日の出町(1.93%)、青梅市(2.25%)、瑞穂町(2.26%)の順に低かった。いずれも多摩地域の自治体だ。 「武漢肺炎」「シナ人」連呼しながら減税を主張 続きを読む 1 2 全文表示 [ad_2] Source link

新都知事に求めるのは「10万円、早く振り込みを…」 30人に聞いた「困りごと」

   小池百合子氏が圧勝で再選を決めた東京都知事選挙。J-CASTニュースが投開票当日の2020年7月5日、有権者に都知事へ訴えたいことについて尋ねたところ、特別定額給付金(1人10万円)に関する訴えが最も多かった。「いつに振り込まれるのか」「もっと給付額を増やして」。新型コロナウイルス禍で、家計が火の車に陥った都民の訴えは切実だ。 東京都知事選の投票に向かう有権者ら(2020年7月5日午後、世田谷区の投票所近くで) 東京23区の定額給付金の給付率 「家賃が払えない」 派遣切りに遭った女性、悲痛の訴え    旅行代理店で派遣社員として働いていた佐藤尚美さん(34)に、世田谷区内の投票所から出てきたところを取材すると、こう訴えた。 「いったい、いつになったら(定額給付金は)振り込まれるのでしょうか。本当に困ってます。このままだと今月の家賃が払えないんです」    旅行代理店では4年以上働いていたが、コロナ禍で4月末に雇用を打ち切られた。20万円以上あった月収はゼロに。次も旅行関係で働きたいが、就職のメドは立っていない。    世田谷区では5月末から定額給付金の受け付けが始まった。佐藤さんはすぐ郵送で申請したが、7月に入っても振り込まれない。貯金も残り少なく、このままだと、7月分の家賃や光熱費などが払えなくなるという。 「新しい都知事には、とにかく早く入金されるよう、(区に)働きかけてもらいたい。生活がかかってるんです」 「食事は毎日カップラーメンやパン」「給付金第2弾ほしい」 続きを読む 1 2 3 4 全文表示 [ad_2] Source link

TikTok人気「混沌さん」に「迷惑系YouTuber」も… 立花孝志氏「応援演説」の異色な顔ぶれ

   東京都知事選挙(2020年7月5日投票)に立候補したNHKから国民を守る党党首の立花孝志氏が2020年6月29日、新橋駅SL広場前で街頭演説を行った。    複数のユーチューバーが、立花氏の選挙カーに登壇し応援演説をした。その中で披露された「混沌ラップ」がSNS上で話題となっている。 立花孝志氏(2017年撮影) 「混沌さん」のTikTok 首里城復興ボードに「落書き」を行ったユーチューバーも    「混沌ラップ」とは、ショートムービーアプリ「TikTok」内で有名な「混沌と混沌の間で~」というラップ。「TikTok」上でこのラップを披露し、自らも「混沌さん」と呼ばれるようになった配信者自身が、「混沌ラップ」を立花氏の選挙カー上から披露した。30日現在「混沌さん」の「TikTok」のフォロワー数は約23万人、YouTube上のチャンネル登録者数は4万人を超える。    「混沌ラップ」の元ネタは、男性声優18人による音楽原作キャラクターラッププロジェクト「ヒプノシスマイク」の楽曲。2019年4月に公開された「Hoodstar」という楽曲の、いわゆる「歌ってみた」作品である。もっとも、今回都知事選にかかわる街頭演説にこの歌が用いられたことに対して、ヒプノシスマイクのファンだとみられるユーザーからは、 「こんなことにヒプマイ使われんのめっちゃ嫌」 といった声も上がった。    立花氏の応援には、「混沌さん」のほかにも多数の動画配信者が訪れた。立花さんは前28日、自身のツイッター上で「迷惑系YouTuber」が応援演説に来ると予告。告知されたのは強引にコラボ放送を迫ることで知られる配信者だった。この配信者は、J-CASTニュースでも、首里城公園内に設置されたメッセージボードに落書きを行ったことで報じている(首里城復興ボード、ユーチューバーの「落書き」で撤去 施設側「残念な気持ちでいっぱい」)。今回の街頭演説は、この動画配信者を目玉とし、立花氏のYouTubeチャンネル上でも生配信が行われていた。 [ad_2] Source link

宇都宮氏&山本氏「10論点」で主張一致 違いは「コロナ対策15兆円」の是非に

   2020年7月5日に投開票される東京都知事選の主要候補のうち、元日弁連会長の宇都宮健児氏(73)と、 れいわ新選組の山本太郎代表(45)は、福祉を重視するなど政策面では近いと考えられている。実際、6月27日の候補者討論会の10のテーマについて賛否を問うコーナーでは、両氏の回答は完全に一致している。    だが、両氏で大きく異なるのが財源をめぐる考え方だ。山本氏は総額15兆円の都債を発行して資金調達する考えだが、6月28日に開かれた討論会では、宇都宮氏がその実現性に疑問符をつける場面もあった。 日本記者クラブが開いたオンライン討論会でも、15兆円の財源の実現性が議論になった 「命をつなぐ生活補償の徹底」 vs 「コロナ損失を徹底的に底上げ」    選挙公報に掲載された公約では、宇都宮氏は「命をつなぐ生活補償の徹底」を掲げる一方、山本氏は「総額15兆円であなたのコロナ損失を徹底的に底上げ」とうたっている。これまでに3回にわたって行われた候補者討論会では、15兆円の財源のあり方が、たびたび議論のテーマになった。    地方自治体が地方債を発行するには、都道府県と政令指定都市は総務大臣、市区町村は都道府県知事の同意を得る必要があるが、実質公債費比率(一般財源の規模に対する公債費の割合)が18%未満と比較的財政状況が良い自治体は、民間金融機関を借入先にすれば、事前届出のみで発行できる。    日本記者クラブが告示前日の6月17日に開いたオンライン討論会では、山本氏は東京都の実質公債費比率が1.5%で、他の自治体よりも圧倒的に低いことを指摘した上で、 「20兆円というお金を調達したとしても、これは、総務大臣の許可が必要な実質公債費比率の18%を超えるというところにまでいかない。逆にそういうものを調達したとしても、これは、東京の信頼というものがあれば、これは市中でも、金融機関でも喜んで買ってもらえる話であろうと、確認を取っている」 と主張。これに対して、現職の小池百合子氏(67)は大きく2点反論した。ひとつは、使い道の問題だ。地方財政法第5条第1項では、地方債発行で得た財源の使途を制限しており、具体的には 「災害応急事業費、災害復旧事業費及び災害救助事業費の財源とする場合」(第4号) 「学校その他の文教施設、保育所その他の厚生施設、消防施設、道路、河川、港湾その他の土木施設等の公共施設又は公用施設の建設事業費」(第5号) などを挙げている。 小池氏「他のところを削っていかなければならないという、現実的な問題」 続きを読む 1 2 3 全文表示 [ad_2] Source link

都知事選「ネット演説」のカオスな面々 「リツイート」で最も注目された候補者は…

   任期満了にともなう東京都知事選挙が2020年6月18日告示され、過去最多となる22人が立候補した。    全国的な注目を集めるだけに多様な顔ぶれがそろい、公示日に行われたネット演説では各候補のユニークな主張が光った。 ニコニコ生放送より 小池知事に向けて作った表彰状を読み上げる形で…    動画配信サイト「ニコニコ生放送」で18日、「東京都知事選挙2020ネット演説」が行われた。れいわ新選組の山本太郎代表(45)、日本第一党の桜井誠党首(48)、フリージャーナリストの石井均氏(55)、薬剤師の長澤育弘氏(34)をのぞく18人が出演した。    「ニコニコニュース」公式ツイッターが投稿した各候補者の演説動画のリツイート数を見ると、最も拡散されたのは、16年の都知事選にも出馬した自営業の後藤輝樹氏(37)で約1800リツイート(数字は19日昼時点)だった。18日には後藤氏の名前がツイッターのトレンド入りもした。    後藤氏は、現職の小池百合子氏(67)に向けて作った表彰状を読み上げる形で、 「百合子様といえば、カイロ大学首席で卒業疑惑の才色兼備。高学歴を生かした(ロックダウン、ステイホームなど)カタカナ語によるマウンティング」 「情報公開しろというくせに小池百合子がブラックボックス。都民ファーストというけど、結局百合子ファースト」 「自ら作った希望の党が排除発言で落ち目と見るや、我先にと放り投げ、素知らぬ顔で知らん顔。無責任、いい加減、世間の雰囲気でコロコロ変える。もっともらしいことは言うけれど、具体的な決断ははっきりさせない」 「あなたに足りないのは、オネスティー(誠実さ)、シンシアティー(正直さ)、ヒューマニティー(人間性)、ゴトウテルキー(後藤輝樹)」 などと、4年間の小池都政を皮肉たっぷりに批判した。    独自候補の擁立を見送った自民党東京都連にも切り込み、「自民党都連、お前らが出ないからつまらなくなっちゃったよ。お前らが擁立させないから。選挙は勝ち負けじゃない。自分の伝えたい思い、自分を支持してくれる支援者の伝えたい思いを代弁して出るのが選挙だろ。メンツとか保身とかくそくらえだ。そういうのをぶっ潰すために俺は立候補してるんだ」と訴えた。 都の新型コロナ対応を批判 続きを読む 1 2 3 全文表示 【都知事選2020】後藤輝樹 候補 ネット演説https://t.co/qFOEb4CJc1#東京都知事選挙 告示日の本日6/18(木)、ニコニコ生放送では #都知事選 の立候補者から、ネットユーザーの皆さんに向けて演説を行っていただく企画『ネット演説』を実施。 pic.twitter.com/nEDk2kUzAL — ニコニコニュース (@nico_nico_news) June 18, 2020 [ad_2] Source link

都知事選「出馬予定5人」が副知事案を披露 山本太郎氏「この候補者の中でいうと、宇都宮さん。そして小野さん」

   東京都知事選(2020年6月18日告示、7月5日投開票)をめぐり、立候補予定者5人によるオンライン記者会見が6月17日、開かれた。    れいわ新選組の山本太郎代表(45)は、当選した際には元日弁連会長の宇都宮健児氏(73)を副知事に起用する意向を明らかにした。山本氏は6月15日に出馬表明したばかりで、先に出馬表明していた宇都宮氏との間で、いわゆる「リベラル票」を奪い合う可能性も指摘されてきた。宇都宮氏の支持層の切り崩しを図ったとの見方も出そうだ。 都知事選立候補予定者5人による記者会見は「Zoom」のウェビナー機能を使って行われた IR推進派の小野氏も「行政マンとして非常に優秀」と評価    会見は、日本記者クラブが主催し、オンライン会議システム「Zoom」のウェビナー機能を使って90分にわたって論戦した。山本氏、宇都宮氏以外に、現職の小池百合子氏(67)、元熊本県副知事の小野泰輔氏(46)、 NHKから国民を守る党の立花孝志党首(52)が出席した。    宇都宮氏の起用案は、終盤の 「都知事に就任した場合、どなたを副知事に任命したいか」 という質問に対して出たもので、山本氏は 「この候補者の中でいうと、やはり私は宇都宮さん。現場のことを、よく分かってらっしゃる。やはり、困った方に寄り添うという心を持った方。そしてもうひとり、小野さん。それは、行政マンとして非常に優秀だろうと私は思っている。他にも、もしも4人という枠があるならば、私は障害当事者の方だったりとか、そういう方を入れたい」 などと述べた。    山本氏と宇都宮氏と、福祉を重視するなど政策面で近いと受け止められている。ただ、山本氏と宇都宮氏はカジノを含む統合型リゾート(IR)施設誘致に反対する立場だが、小野氏は今回の会見でも推進を明言。仮に構想が実現したとしても、不協和音が起こる可能性がありそうだ。    立花氏については 「あのー、立花さんを入れちゃうと、本当にNHKをぶっ壊すことになっちゃうと困るので…、すみません」 として「構想外」。参加者からは笑いが起こった。 小池氏「現状で素晴らしい」 続きを読む 1 2 全文表示 [ad_2] Source link

枝野さん、都知事選はもう…? 小池都政の評価は「東京都連に聞いて」

   野党が「不戦敗」になるかが注目されている東京都知事選(2020年6月18日告示、7月5日投開票)をめぐり、立憲民主党の枝野幸男代表は20年5月29日の記者会見で小池都政の評価について「東京都連に聞いてください」と話し、直接のコメントを避けた。    その都連からは「まだ、ご相談は上がってきていない」といい、対応の遅れは明らかだ。さらに不戦敗が現実味を帯びてきた。 記者会見する立憲民主党の枝野幸男代表。マスクを外し、透明な板の前で会見に臨んだ(写真は党配信の動画から) 福山幹事長は小池都政に否定的評価    福山哲郎幹事長は5月26日の定例会見で、小池氏への評価について 「今のところ、私は候補者は立てるべきであると思っている。単独で、かどうかは別。そういう『立てるべきだと思っている』ということが、私の今の、その(小池都政の評価を問う)質問に対する答えだ」 などとして、否定的な見方を示していた。一方で、枝野氏は 「私はその評価をすることのできる立場の方は東京都民だと思っているので、東京都連に聞いてください」 とのみ答えた。さらに、候補者擁立の考え方については、 「従来から申し上げている考え方で変わりはない。都連から、まだご相談は上がってきていない」 とするにとどめた。枝野氏は5月25日、緊急事態宣言の解除にともなう都知事選への対応について 「都連と相談したい」 と話しており、この4日間で実質的な進展がなかったことを明かしたとも言える。    16年の都知事選では、当時の野党統一候補だった鳥越俊太郎氏(80)に譲る形で元日本弁護士連合会会長の宇都宮健児氏(73)が立候補を断念。宇都宮氏は今回も出馬表明しており、「今回はどういう候補が出ても降りない」と明言している。 政権構想を表明も「党内議論を経たものではない」 続きを読む 1 2 全文表示 [ad_2] Source link

宇都宮健児氏に「距離」取る野党 一方の当人は「今回はどういう候補が出ても降りない」

   東京都知事選(2020年6月18日告示、7月5日投開票)では、現職の小池百合子氏(67)の再選出馬が確実視されるなか、野党統一候補の擁立のあり方も焦点だ。    すでに出馬を表明している、元日本弁護士連合会会長の宇都宮健児氏(73)は16年の都知事選で、旧民進党が野党統一候補として擁立を進めた鳥越俊太郎氏(80)に譲る形で、告示の1日前に立候補を断念した経緯がある。宇都宮氏は20年5月27日に東京都庁で開いた記者会見で「今回は、どういう候補が出てきても、降りるつもりはない」と断言した。だが、立憲民主党をはじめとする野党は、宇都宮氏の支援の是非を含めて、方針を固めきれていない。 東京都知事選は6月18日に告示、7月5日に投開票される 「都政について、都民について全く関心がない人を担いでどうするんですか!」    宇都宮氏は記者会見で16年の出馬断念について 「選対のメンバーとも話して、苦渋の決断をしたことがあるが、今回はそういうことはしてはならないと思っている」 と説明。「地味」だという記者の指摘には、 「あんまり克服しようとしても、できないと思う。私は、今のままでいいんじゃないかと思っている」 と応じた。その理由として挙げたのが16年の野党統一候補の人選だ。いわく、「『名前が売れてて、勝てそうな候補で』ということを中心に野党候補は選ばれましたよね?」。    鳥越氏は出馬会見で「知りません」を連発し、対立候補の公約も「関心がなかったから」読んでいないことを明言するなど、都政に対する知見のなさを露呈していた。宇都宮氏はこういった経緯を念頭に、 「あのとき鳥越さんは何と言ったかというと、『都政についてはこれから考えます』ということ。都知事選というのは、都民の政策をどうするかということがかかっている、そういう選挙だ。都政について、都民について全く関心がない人を担いでどうするんですか!」 などと語気を強めながら、鳥越氏を擁立した野党側を非難した。12年、14年の都知事選で共産党の支援を受けて出馬した宇都宮氏だが、今回の会見では。 「私が立候補(表明)するまでに政党との関係はないし、今まで政党に支援要請はしていない。これから応援したいという人が出てくれば、大変歓迎しますけどね」 と説明した。都知事選では、福祉を重視するなど政策面で近いとされる、れいわ新選組の山本太郎代表が出馬する可能性も指摘される。宇都宮氏は、仮に山本氏が出馬した際の対応についても、 「今回は、どういう候補が出てきても降りるつもりはない」 「それ(山本氏が出馬しても立候補を断念しないこと)は、もう当然。(宇都宮氏以外の候補社で)野党共闘ができても、降りないわけだから」 などと繰り返した。 「まだニュートラルな状況」だが「候補者は立てるべき」 続きを読む 1 2 全文表示 [ad_2] Source link