ロシア「美、汚安全保障要求を無視すると、最も深刻な結果につながる」(総合)

By | January 22, 2022


そう、ルーマニア・ブルガリアNATO軍撤退要求に……。 奈藤・ル・ラ「反発」
米、来週に書いたら回答計画… 今後両国首脳会談の可能性も

21日(現地時間)、トニー・ブリンカーン(左)米国国務長官とセルゲイ・ラブロフ(右)ロシア外務長官がスイスのジュネーブで会って会談前握手をしている。 2022.01.21 ©ロイター=ニュース1 © News1チェ・ソユン記者
(ソウル=ニュース1)チョン・ユンミ記者、キム・ヒョン特派員=セルゲイ・ラブロフロシア外務省長官が21日(現地時間)、米国がロシアの安全保障要求を無視すれば「最も深刻な結果をもたらすだろう」と警告した。

AFP・ロイター通信によると、ロシア外務省はこの日、ラブロフ長官がトニー・ブリンカーン米国国務部長官と会談を終えて発表した声明を通じてこのように明らかにした。

外務省は「ラブロフ長官は、ブリンカーン長官に米国と北大西洋条約機構(NATO・NATO)同盟国が私たちの合法的な懸念を無視し、彼らがロシア国境付近に兵力と武器を大規模に配置することについて最も深刻な結果をもたらした。なることを明らかにした」と明らかにした。

外務省は「米国が安全保障に関わる私たちの合意草案を肯定的に考えればそれを避けることができる」とし「来週、米国の書面の回答を受けることができると期待する」と話した。

ロシアはまた今回の会談でルーマニアとブルガリアに派兵されたNATO軍が自国安全保障に脅威になるという理由で撤退を要求した。 旧ソ連国家だったルーマニアとブルガリアは2004年、NATOに合流した。

これにNATOと両締約国は、鉄軍の要求を拒否した。 オアナ・ルンゲスクナート広報担当者は声明を通じて「ロシアの要求は1・2等加盟国を作る」とし「私たちはこれを受け入れることができない」と話した。

ルーマニア外交部は「該当要求は受け入れられず、交渉の一部になることはできない」とルーメン・ラデフ・ブルガリア大統領は「ブルガリア・ナト軍撤退を要求するロシアの主張は容認できず、無意味だ」と明らかにした。

21日(現地時間)午前11時からスイスのジュネーブ・プレジデント・ウィルソンホテル会議場で、米国とロシアの外交長官首脳会談が開かれている。 ©AFP=ニュース1
90余分間行われた今回の会談は、10~13日、米・ラ外交部次官会談とNATO・ロシア、欧州安保協力機構(OSCE)・ロシア間連鎖会談に続く会談だっただけに、会談結果について全世界関心が集中されたが、特別な合意点を導出できないまま仕上げられた。

当初、ロシアは今回の会談で自身が要求した安全保障要求に対する米国書面の回答を要求したが、米国は外交的解決の可能性があるかどうかを確認するために今回の会談で回答を与えないという立場を示したからだ。

先立ってロシアは先月15日、米国側にラ・ミガン安保保障条約案とラ・ナト加盟国間の安全確保措置に関する協定案など、2つの文書草案を伝達したことが分かった。

該当文書には、NATOがウクライナなど旧ソ連国家を加盟国として受け入れる同陣を中断し、ロシア近隣諸国に中・短距離ミサイルなど攻撃武器を配置しないことを約束する内容などが盛り込まれていると伝えられる。

ラブロフ長官はこの日の会談を終えて取材陣と会い、「私たちの会話はこれで終わりではない。受ければ分かるだろう」と明らかにした。

彼はロシアのウクライナ侵攻の可能性と関連しては「ウクライナ関連(西方の)感情が落ち着くことを望む。繰り返しても、ロシアは決してウクライナ市民を脅かしたことがない」と否定しながら、むしろ「NATOがロシアに対抗している」と責任を回した。

会談を終えたブリンカーン長官は「今回の会談の目的は、ロシアが外交の道を歩む準備ができているかどうかを調べることだった」とし「外交的プロセスを続けていくことが重要だという意見を共にした」と伝えた。

続いてロシアの安全保障要求に対しては「米国は相互主義精神でロシアの懸念を解決する準備ができている。共通点を見つけるためのいくつかのアイデアを提示した」とし「来週書面でロシアとより詳細な懸念とアイデアを共有することに合意した。ロシアが回答を検討した後、また会う計画だ」と明らかにした。

また、両大臣は、ジョーバイデン米大統領とウラジミール・プーチンロシア大統領間の首脳会談開催の可能性を開いた。 これにより、米国が来週書面で回答を提示する場合、これを検討した後、両首脳が談判会談をしないかという観測が出ている。

ブリンカーン長官は両首脳の会談の可能性について、「二人の大統領が会うのが有用であれば、そんな準備が十分になっている」と話し、ラブロフ長官も「プーチン大統領はバイデン大統領との接触にいつも準備ができている」と答えた。



Source link


Leave a Reply

Your email address will not be published.