バイデン・ホワイトハウス、インテル半導体投資に「親指ふり」… サムスン・SK投資も紹介

By | January 22, 2022


バイデン、グローバル半導体サプライチェーン関連のスピーチ中の「サムスン」対米投資の紹介
ホワイトハウス、報道資料を通じてサムスンとSKハイニックス投資事例を含む

ジョー・バイデン米大統領がファット・ゲルシンガー・インテル最高経営責任者、ジーナ・ラモンド米商務長官とともに、2022年1月21日(現地時間)ワシントン・ホワイトハウスで200億ドル規模のオハイオ工場建設計画を発表している。 ©ロイター=ニュース1 © News1キム・ヒョン特派員

(ワシントン=ニュース1)キム・ヒョン特派員=ホワイトハウスが21日(現地時間)、米国内の半導体チップの製造能力の拡大と関連して、サムスンとSKハイニックスの対米投資に言及して注目を集めている。

ホワイトハウスはこの日、バイデン大統領の半導体グローバルサプライチェーンと関連した演説に先立ち、報道資料を通じてバイデン大統領就任後、米国内の半導体製造能力を強化したことを紹介した。

ホワイトハウスは、報道資料で半導体産業協会資料を引用、米半導体企業のインテルがこの日、オハイオ州に200億ドル(ハンファ約23兆8500億ウォン)規模の半導体製造施設を建設することを発表する予定のものなどを含め、昨年初めから2025年まで半導体産業は米国にほぼ800億ドル(約95兆4000億ウォン)の新規投資を発表したと説明した。

ホワイトハウスは、このような新規投資のうち、サムスンがテキサス州に170億ドル(約20兆2725億ウォン)の投資計画を発表したとし、これは、バイデン大統領が昨年5月、ムン・ジェイン大統領と首脳会談を持ったことを含め、バイデン政権の持続的努力の結果だと強調した。

ホワイトハウスはまた、テキサスインスツルメントとグローバルファウンドリなどの新規投資を紹介した後、SKグループが昨年10億ドル(1兆1925億ウォン)をかけ、米シリコンバレーに新成長分野革新のための新しい研究・開発(R&D)センター投資計画を明らかにしたことも事例として含めた。

ホワイトハウスは「これらの投資は、米国内の数万の報酬が良い雇用を創出し、米国の技術リーダーシップを支え、グローバル半導体サプライチェーンの安全保障と回復力を増進させるだろう」と述べた。

バイデン大統領は昨年4月、世界的な半導体チップ不足による混乱を解決するため、サムスン電子など半導体先導企業を招待した会議に直接参加し、米国への投資を圧迫したことがある。

米商務省は昨年、半導体不足実態調査を名分として半導体会社に11月8日までに関連情報提供を要求し、サムスン電子とSKハイニックスなどが資料を提出した。 実態調査の結果は1月末まで公開される予定だとホワイトハウスは伝えた。

バイデン大統領はこの日のスピーチでインテルの新規投資計画について「これは真に米国とアメリカの労働者への歴史的な投資」、「オハイオ州のための歴史的な投資であり、米国史上最大の半導体製造施設投資の一つ」だと述べた。立てた。 彼は7000の建設雇用と3000の雇用が創出されると述べた。

インテルの投資とともに「昨年、サムスンやミクロンなど世界最大の半導体企業が800億ドルを投資し、米国アリゾナとニューヨーク、オレゴン、テキサスなどに新規工場を建設することにした」と強調した。

彼は30年前、米国の半導体生産量は全世界の約40%を占めたが、今日は10%をやっと生産していると指摘した後、現在半導体生産量の75%を東アジアで製造しており、最先端の半導体チップの90%を台湾で作ると紹介した。

バイデン大統領は「中国は世界市場を掌握するためにできることをすべてやっている」とし、中国との競争のための対米投資の必要性を力説した。

そして、バイデン大統領は米国内の半導体生産拡大に520億ドルを支援する「米国革新競争法案」の通過を促した。

彼は「議会がすぐに法案を通過させて(大統領署名のために)私の机に置いてほしい」とし「私たちの経済的競争力と国家安全保障のためにそうしよう」と訴えた。



Source link


Leave a Reply

Your email address will not be published.