米上級管理「北の後続状況を綿密に見て…数日以内にもっと話をする」

By | January 22, 2022


北核実験及びICBM試験発射再開時事について言及
「北の声明に憂慮…追加挑発できないよう説得するために明確なメッセージを送る」

ジョーバイデン米大統領が21日(現地時間)、岸田文夫日本首相と火傷首脳会談を持っている。 ©ニュース1
(ワシントン=ニュース1) キム・ヒョン特派員=米国は21日(現地時間)、北朝鮮が最近核実験及び大陸間弾道ミサイル(ICBM)試験発射再開を示唆したことに関連して「我々は明らかに後続の状況を綿密に注視している」と言った。

米政権の上級管理者は、同日、ジョーバイデン米大統領と岸田文夫首相の火傷首脳会談後の電話ブリーフィングで、「我々はその声明に注目した。 私たちはその声明を心配しています。」

彼は「私たちはインド・太平洋のすべての同盟国とパートナー、他の国々と緊密に協議している」とし「そして、我々は北朝鮮がさらなる挑発措置をしないよう説得するための努力で北朝鮮に非常に明確なメッセージを送った」と明らかにした。 。

彼は「米国と韓国は依然として外交に開かれている」とし「しかし、こうした一連の措置は、特に北東アジアの微妙な時期に、世界中で、より一般的に歓迎されないだろう」と指摘した。

この高官は「北朝鮮に対してどのように圧迫するか」という質問に「だから、日米両国は明らかに私たちが見てきた北朝鮮の挑発に対して強力に糾弾した」とし、また「両国は外交に対して準備されていることを明らかにした」と明らかにした。

彼は「北朝鮮がやってきたことを考慮すると、声明の境界と目的を明確にすることが非常に重要だと考えた」とし、「バイデン大統領は今後起こるかもしれない可能性のある挑発を防ぐための次の措置について、韓国と日本と共に緊密にと協力することを明確にした」と強調した。

彼は引き続き「今後数日以内に私たちの政権の他の部分でさらに話をすることができるようだ」と付け加えた。



Source link


Leave a Reply

Your email address will not be published.