日米首脳「北ミサイル糾弾…完全な非核化のため韓米日緊密空調」

By | January 21, 2022


バイデン – 岸田、初の画像首脳会談… 「2+2経済政策協議会」新設合意

ジョーバイデン米大統領が21日(現地時間)、岸田文夫日本首相と火傷首脳会談を持っている。 ©ニュース1
(ワシントン=ニュース1) キム・ヒョン特派員=米国と日本首脳は21日(現地時間)最近相次いで北朝鮮の弾道ミサイル試験発射を糾弾し、朝鮮半島の完全な非核化のため韓国を含め3国間緊密な空調を維持することにした。

チョ・バイデン大統領と岸田文夫日本首相が82分間の初めての画像首脳会談を持ってこのように意見を集めたとホワイトハウスが報道資料を通じて伝えた。

ホワイトハウスによると、両首脳は国連安全保障理事会の決議に違反した北朝鮮の最近の弾道ミサイル発射について糾弾した。

両首脳は引き続き朝鮮半島の完全な非核化のために韓国と補助を合わせて北朝鮮問題に対して緊密な調整を維持することを約束した。

バイデン大統領はまた、日本人拉致問題の即時的な解決に対する支持を表明したとホワイトハウスは伝えた。

バイデン大統領が最近北朝鮮が相次ぐ弾道ミサイル試験発射したのに続き、核実験及び大陸間弾道ミサイル(ICBM)試験発射再開を示唆した後、北朝鮮に対する立場を明らかにしたのは今回が初めてだ。

両首脳はまた、ウクライナへのロシアの侵略を阻止するために緊密に協力することを約束し、騎士ダ首相は、いかなる攻撃にも強力な措置を取ることに対して、米国と他の同盟国およびパートナー、国際社会と共に緊密な調整を続けていくことに誓った。

バイデン大統領と岸田首相はまた、共同の挑戦に対処するために、米国と日本、韓国間の緊密な協力の重要性を確認し、米国と日本、韓国の三国関係が安全保障はもちろん、さらに幅広く行われるべきだと強調した。

これと共に両首脳は中国への対応において空調意志も再確認した。

両首脳は東シナ海と南シナで現状を変えようとする中国の試みに合うことを約束し、台湾海峡の平和と安定の重要性、両眼問題の平和的解決を強調した。

また、人権侵害批判を受けている身長と香港などでの中国の慣行に対する懸念を共有した。

バイデン大統領は、尖閣列島に対して相互安全保障条約が適用されることを断固として断言し、すべての力量を動員して日本の防衛に対する米国の変わらない公約を確認した。

両首脳は、自由で開放されたインド・太平洋地域を促進するための米国、日本、インド、オーストラリアが参加するクアッド(Quad)の重要性を強調し、クワッドが新種コロナウイルス感染症(コロナ19)などの分野で実質的な結果を提供できるように決意した。

ホワイトハウスはクアッド首脳会議を今年上半期に日本で開くことにしたことを紹介し、バイデン大統領が岸田首相の招待を歓迎したと説明した。

両首脳はまた、米国と日本の経済的絆を深めることにしたとして、両国外交・経済長官が参加する「2+2経済政策協議会」を新設することにした。

両首脳は、バイデン大統領が強化すると約束したインド・太平洋地域で米国の経済的リーダーシップの重要性を確認し、岸田首相はバイデン大統領が提案した「インド太平洋経済フレームワーク(枠)」に対して強い支持を表明したとホワイトハウスは伝えた。

また、バイデン大統領は岸田首相が国家安全保障戦略と他の核心文書を修正しようとする意志と防衛費支出を増やそうとする決断を歓迎したとホワイトハウスは説明した。



Source link


Leave a Reply

Your email address will not be published.