ミ・ラ、来週の美書面回答後、追加会談開催することに… 首脳会談の可能性を示唆

By | January 21, 2022


ブリンカーン・ラブロフ大臣、ジュネーブで1時間30分会談
両大臣、会談後の肯定的な評価… 「美内州書面回答」

トニー・ブリンカーン(左)米国国務長官とセルゲイ・ラブロフロシア外務長官が2022年1月21日(現地時間)、スイスのジュネーブで会って会談開始前に挨拶する姿。 ©ロイター=ニュース1 © News1チェ・ソユン記者
(ワシントン・ソウル=ニュース1)キム・ヒョン特派員、チェ・ソユン記者=ミ・ラ外務長官が21日(現地時間)、スイス・ジュネーブで会って「ウクライナ事態」に対する談判会談を行ったが、別の合意点を導き出せなかったまま仕上げなった。

ただし、ミー・ラ両側は今回の会談で「率直で有用な会話」を分け、今後の追加会談はもちろん、ミー・ラ首脳間会談の可能性まで開いたまま、ウクライナ事態の外交的解決余地を残した。

トニー・ブリンカーン米国務長官とセルゲイ・ラブロフロシア外務長官は21日(現地時間)午前11時、スイス・ジュネーブ・プレジデント・ウィルソンホテル会議場で会い、1時間30分ほどウクライナ事態解決のための解決策を議論した。

今回の会談は去る10日~13日間、米・ラ次官会談と北大西洋条約機構(NATO・NATO)-ロシア、欧州安保協力機構-ロシア間連鎖会談に続く会談だっただけに会談結果に対する全世界の注目これが撃たれた。

米国など西方とロシアは先週連鎖会談でウクライナ事態について議論したが、お互いの立場だけ再確認したまま手ぶらで会談を終えたことがある。

突破口づくり期待の中で開かれた今回のミラー外務長官会談も合意を導出するには失敗した。 当初、ロシアは今回の会談で自分たちが要求した安全保障要求に対する米国の書面回答を要求したが、米国は外交的解決可能性があるかどうかを確認するために今回の会談で書面答えを与えないという立場を示したためだ。

先立ってロシアは先月15日、米国側にロシア・米国間の安全保障条約案とロシア・NATO加盟国間の安全確保措置に関する協定案など2つの文書草案を伝達したと伝えられた。

文書には、NATOがウクライナなど旧ソ連諸国を加盟国として受け入れる同陣を中断し、ロシア近隣諸国に中・短距離ミサイルなどの攻撃武器を配置しないことを保証するなどの内容が込められていることが分かった。

セルゲイ・ラブロフロシア外務長官が2022年1月21日(現地時間)、スイスのジュネーブでトニー・ブリンカーン米国国務長官との会談直後、記者会見を行っている。 ©ロイター=ニュース1 © News1チェ・ソユン記者
これにより会談は始まりから鋭い神経戦が起こった。 ラブロフ長官は皆発言で「今日の意見を解決することを期待しない」とし、「(私たちの)提案(proposals)は非常に具体的で、同じように具体的な答えを私たちは待っている」と米国の書面の回答を繰り返し要求した。 。

ブリンカーン長官は「今は重大な瞬間だ。(意見解決が難しいという)あなたの言葉が合っているが、外交と会話の道が開かれているかどうか試してみることを望む」とし「私たちはその道を歩き、意見を平和的に解決するに専念し、今日その提案(proposition)を試してみることを願う」と当たった。

これにより会談は合意の導出なしに1時間30分で終了した。 ただし、両国長官は会談内容に対して満足感を表わし、追加会談はもちろん、ジョーバイデン大統領とウラジミール・プーチンロシア大統領間会談の開催を言及するなど、外交的突破口を設ける可能性を示唆した。

ロイター通信など外信によると、ラブロフ長官は会談後の個々の記者会見で、会談の雰囲気について「ブリンカーン長官が私にとって満足だと言った」とし「内主(米国)ロシアに書けば答えを与えるだろう」と話した。

ラブロフ長官は「私たちの会話はこれで終わりではない。会話は続くだろうし、来週、米国が書面で答えを与えることを期待している」とし、「会話がきちんと行われているかどうかは、書面で答えを受ければわかるだろう」 「と言った。

ラブロフ長官はロシアのウクライナ侵攻の可能性と関連しては「ウクライナ関連(西側の)感情が落ち着くことを願う。繰り返しても、ロシアは決してウクライナ市民を脅かしたことがない」と否定しながら、むしろ「ナトがロシアに対抗している」と責任を回した。

トニー・ブリンカーン国務長官が2022年1月21日(現地時間)、スイス・ジュネーブでセルゲイ・ラブロプラ外務長官と会談後、記者会見を進行する姿。 ©AFP=ニュース1 © News1チェ・ソユン記者
ブリンカーン長官も記者会見で「(今回)会談の目的は、ロシアが外交の道を歩む準備ができているかどうかを把握することだった」とし「外交的プロセスを続けていくことが重要だという意見を一緒にした」と伝えた。 ブリンカーン長官は「交渉ではなく率直な意見交換を持った」とし「この日の議論は役に立った。両側はもうお互いの立場をよく理解することになった」と評価した。

彼は引き続きロシアの安全保障要求に対しては「米国は相互主義精神でロシアの懸念を解決する手段を追求する準備ができている。共通点を見つけることができるいくつかのアイデアを提示した」と説明しながら「来週の書面でロシアとの詳細な懸念とアイデアを共有することに合意した。

彼はただ「私たちは外交と対話に参加するが、同時に防御と抑止力の道に入っている」とし「私たちがしないべきことを明確にすることが重要だ。ないこと」と強調した。

両大臣はまた、バイデン大統領とプーチン大統領間の会談の可能性を開いた。 これにより、米国が来週書面で回答を提示する場合、これを検討した後、両首脳が談判会談をしないかという観測が出ている。

ブリンカーン長官は、両首脳の会談の可能性について、「二人の大統領が会うのが有用であれば、そんな準備が十分になっている」と話し、ラブロフ長官も「プーチン大統領はバイデン大統領との接触にいつも準備ができている」と答えた。



Source link


Leave a Reply

Your email address will not be published.