バイデン「軽い侵入」発言収拾陣汗… 「国境を越えれば侵略」(総合)

By | January 21, 2022


バイデン「どんなロシア兵力が国境を越えて移動すれば侵略…過酷な対応」
副大統領・国務長官も収拾… 「規模に関係なく、いかなる侵害も攻撃行動」

ジョーバイデンアメリカ大統領。 ©ロイター=ニュース1
(ワシントン・ソウル=ニュース1)キム・ヒョン特派員、パク・ビョンジン記者=チョ・バイデン米国大統領が自身の「軽い侵入」(minor incursion)発言を収拾するのに安堵力を使っている。

バイデン大統領は20日(現地時間)の記者たちに、「そのような集結されたロシア兵力がウクライナ国境を越えて移動するならばそれは侵略(invasion)」とし「私はウラジミール・プーチンロシア大統領にこれを明らかにした。彼は何の誤解もない。 「と言った。

バイデン大統領は、こうした侵略は「過酷で調整された経済対応」に直面するだろうとし、それは「プーチン大統領に非常に明確に提示した」と明らかにした。

彼は引き続き「もしプーチン大統領がこのような選択をすればロシアは大きな対価を打つだろう」とし「そこにはまったく疑う余地がない」と強調した。

バイデン大統領はまた、ロシアが「準軍事的戦術」や他の戦争方法を含む「明示的な軍事行動以外の手段を使用」できることを認めた。

彼は特に「ロシアの兵士がロシア軍服を着ておらず、グレーゾーン攻撃を敢行すると警告し、ロシアがこのような証明された方法でドンバス地域に侵入する可能性がある」と述べた。

彼は「私たちはこれらに対応する準備ができていなければならない」と付け加えた。

バイデン大統領のこのような言及は、前日(19日)開かれた就任1周年記者会見でロシアのウクライナ攻撃と関連して全面的な侵略ではなく軽微な侵入の場合、対応が変わることができるという趣旨で言及して論議になったことを収拾する。ためのものと解釈される。

彼は前日の会見で「もし軽微な侵入なら別れだ。私たちは何をするかとしないかなどをめぐって戦わなければならない境遇になる」と話し論議を起こした。

これに対してウクライナ政府関係者はCNN放送に「バイデン大統領が侵入(incursion)と侵略(invasion)を区別しようとすることに衝撃を受けた」とし、バイデン大統領の発言が軽微な侵入に対しては制裁がないという意味と解釈されることができるあると批判した。

ボロディミールジェレンスキーウクライナ大統領もこの日、Twitterを通じて「軽微な侵入と小規模な国家はない」と反発した。

バイデン政権関係者もこれを進化することに注力した。

カマラ・ハリス副大統領はこの日、NBC放送に出てロシアの行動が規模に関係なく冷厳な反応を起こすと明らかにした。

ハリス副大統領は「ロシアとプーチン大統領によってウクライナの主権および領土保全に対するいかなる侵害も攻撃的な行動と解釈するだろう」とし「それは過酷で確実な対価を払うことになるだろう」と述べた。

トニー・ブリンカーン国務長官もこの日、アナレナ・ベア服委武長官とドイツでの共同記者会見で関連質問に「私たちは、どのロシア軍がウクライナ国境を越えて移動し、ウクライナに対する新たな攻撃行為を犯したら、米国と同盟国そして、パートナーの迅速で過酷で統一された対応に直面することを非常に明確に明らかにした」と述べた。

彼は「私たちはロシアが戦略策に多くのツールを持っていることを長い経験を通じて知っている」とし、短期間の完全な軍事行動、不安定を助成する行動、混合攻撃、準軍事的戦術などを例に挙げた。

「実際には、我々は、同盟やパートナーとロシアがウクライナに何らかの方法で新しい攻撃を加え、不安定にし、どのような措置を取るために使用し、追求できる可能性のあるシナリオについても検討しています。について話してきた」と話した。

善崎ホワイトハウスのスポークスマンもこの日、フォックスニュースとのインタビューで「国境を越えてどんな軍隊でも動くならばそれは侵略」と強調した。



Source link


Leave a Reply

Your email address will not be published.