米中会談、突破口なしで終了… プーチン「ウクライナの事態責任転がってはいけない」

By | December 7, 2021


「ロシア17万兵力侵攻の懸念」に米中2時間テレビ会議
「NATO東進拡大制限のための法的根拠を設けなければならない」

オリジナルを見る

ウラジミールプーチン大統領ロシア。 ©ロイター=ニュース1 © News1チョン・ユンヨン記者
(ソウル・ワシントン=ニュース1)チョン・ユンヨン記者、キム・ヒョン特派員=ジョー・バイデン米大統領とウラジミール・プーチンロシア大統領が約6カ月ぶりに会話に出た中、両側はウクライナ事態と関連して進展を遂げなかったことが分かった。

7日(現地時間)タス通信によると、プーチン大統領はこの日、火傷で行われたバイデン大統領との首脳会談で、ウクライナ周辺情勢と北大西洋条約機構(NATO)の東進、戦略的安定、両国懸案など議題を議論した。

今回の会談の最大争点はやはりウクライナ問題だった。 この日、米ラ首脳会談はロシアがウクライナの接境地域に兵力配置を増やし、来年初めに17万5000人の兵力を動員してウクライナを侵攻する可能性があるという報道で緊張が最高潮に達している状況で行われた。

タス通信によると、プーチン大統領はミンスク平和協定とノルマンディー形式の会談を完全に破棄しようとするウクライナの破壊的行動に対する懸念を具体的に説明し、ドンバス地域でウクライナの挑発行動に対する深刻な懸念を表明した。

クレムリン宮の声明によれば、プーチン大統領は、バイデン大統領に向かって「ウクライナ事態の激化に対してロシアに責任を伝えてはならない」とし、「ウクライナ国境で軍事増強に乗り出しているのは、NATOだから責任をロシアの肩に伝えてはならない。 「と言った。

そして「今回の会談は全般的に率直でプロらしく行われた。ロシアはNATOの東進とロシアの接地地域国家が武器配置をできないように法的保障を得たいという立場を伝えた」と説明した。

これに対し、バイデン米大統領はプーチン大統領にウクライナの接境地域でロシアの軍事行動に対する米国の懸念を伝えながら経済制裁など強力な措置の可能性を警告した。

ホワイトハウスによると、バイデン大統領はウクライナを取り巻くロシアの軍事力の増強について米国と欧州同盟国の深い懸念を表明し、ロシアの軍事的緊張高調時に米国と同盟国は強力な経済措置や他の措置で対応することを明らかにした。

この日、両国首脳はウクライナ事態のほか、Δサイバー犯罪Δとは核プログラムΔ外交公館正常化などについて議論したことが分かった。

一方、今回の首脳会談は、バイデン大統領とプーチン大統領間の2回目の会談で、去る6月第3国のスイスでバイデン大統領就任後初の首脳会談を持って以来約6ヶ月ぶりになされた。

オリジナルを見る

ジョーバイデンアメリカ大統領。 ©ロイター=ニュース1 © News1チョン・ユンヨン記者



Source link


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *