バイデン・プーチン、火傷首脳会談突入… ウクライナ最大の問題

By | December 7, 2021


バイデン、汚染侵入を防ぐために超強力経済制裁の可能性
プーチン、ウクライナのNATO加入をブロックするための関連要求の可能性も

オリジナルを見る

©News1イ・ジウォンデザイナー
(ワシントン=ニュース1)キム・ヒョン特派員=ロシアのウクライナ侵攻の懸念が高まっている中、ジョー・バイデン米大統領とウラジミール・プーチンロシア大統領が7日(現地時間)、画像首脳会談に突入した。

ロイター通信とロシア国営テレビなど外信らによると、バイデン大統領とプーチン大統領間の画像会談はこの日午前10時7分から始まった。

ロシアの国営テレビ映像でヤン首脳は、ビデオ会談を開始するときに優しく挨拶する姿を見せ、バイデン大統領はすべて発言を通じて、次回は直接会うことを希望すると明らかにした。

両首脳会談は6月、第3国のスイスでバイデン大統領就任後初の首脳会談を持って以来約6ヶ月ぶりに行われた。

今回の会談の最大争点はやはりウクライナ問題だ。 ロシアがウクライナの接境地域に兵力配置を増やし、来年初めに17万5000人の兵力を動員してウクライナを攻撃する可能性があるというメディア報道まで出てきて緊張が最高潮に達している状況だ。

バイデン大統領は今回の会談で、ウクライナの接境地域でロシアの軍事活動に対する米国の懸念を強調し、ウクライナの主権と領土保全に対する支持を再確認すると伝えられた。

バイデン大統領は、特にロシアがウクライナを侵攻する場合、最も強力な経済制裁を受けることができると警告する予定だ。

禅咲ホワイトハウスの広報担当者は前日(6日)のブリーフィングを通じて、「バイデン大統領は、我々が公に伝えたように、我々がロシア経済に有害な影響を及ぼす可能性のある多様な経済制裁または経済的オプションを準備していることを明らかにするだろう。 」と明らかにした。

外信はロシアがウクライナを侵攻する場合、米国はロシアを国際銀行間通信協会(SWIFT)グローバル決済システムへのアクセスを遮断するなど、ロシアをグローバル金融取引から退出する超強力経済制裁を検討していると報じた。 また、プーチン大統領の側近グループとロシアのエネルギー企業を直接狙う内容も含まれているという。

バイデン大統領は会談を控え、フランスとドイツ、イギリス、イタリアなど西方同盟国の首脳と別に電話通話をしながらメッセージ調整を試みるなど、ロシアに対する圧迫も並行した。

ロシアも会談に先立ち、どんな突破口も期待しないと明らかにするなど強硬な態度を維持している。

ロシアはウクライナに対する攻撃計画を否定し、軍隊の態勢は純粋に防御的だと強調している。

ロシアの今回の攻撃的動きは、親西方の歩みを見せてきたウクライナの北大西洋条約機構(NATO・NATO)加入を遮断するためと解釈されているだけに、プーチン大統領はバイデン大統領にこれと関連した要求をすることが占められる。



Source link


Leave a Reply

Your email address will not be published.