工場勤務の派遣社員30代の平均年収はどれくらい?

By | December 7, 2021


工場勤務の派遣社員30代の平均年収はどれくらい?

ここでは、工場などの製造業で勤務する30代派遣社員の平均年収を紹介するとともに、工場で派遣社員として働くメリットや、年収を上げる方法も解説します。働き方を模索中の30代の人や、工場の派遣の仕事に興味がある人は、ぜひ参考にしてください。

工場勤務の派遣社員30代の平均年収は?

調査によると、派遣社員など、製造業ではたらく正社員・正職員以外のうち、雇用期間の定めがある、いわゆる有期雇用契約の人の平均年収は、賞与などを含めておよそ304万円です。30代に限定すると、30代前半では約273万円、30代後半では約287万円となっています。

一方、雇用期間の定めがない無期雇用契約の場合は、製造業全体の平均年収約264万円、30代前半約258万円、30代後半約261万円です。

以上は派遣社員だけの統計を取った数字ではありませんが、派遣社員の平均もこれらに近い数字であると予想されます。

実際に求人サイトなどをみると、工場勤務の派遣社員の多くは、時給制で募集されています。時給は1200~1600円前後が主流です。1400円の時給で1日8時間×月20日、年間賞与10万円の条件で働いたとしましょう。年収は278万8000円となり、上で紹介した数字とほぼ同じです。

工場勤務の30代正社員の平均年収は、30代前半が約452万円、30代後半が約515万円なので、正社員と比べるとかなり低い平均年収といえます。

工場勤務の派遣社員のメリットは?

●派遣元のサポートを受けられる
●短い期間だけお試しで勤務できる

派遣会社の多くは、就業先が決まったあとも派遣社員のサポートを継続的に行っています。工場の仕事がはじめての場合でもしっかりとサポートが受けられるため、安心して仕事に臨めます。就業先では相談しづらい仕事や職場に関する悩みや不安の相談もしやすいでしょう。

また、正社員として就職すると、職場に合わないからといって簡単には退職できません。しかし、派遣社員の働き方は、短期間で更新する有期雇用契約が主流です。契約期間が終われば更新をしない選択が可能なため、工場の仕事が自分に向いているかどうか、試してみることができます。



Source link


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *