米10月貿易赤字、輸出増加で17.6%急減… 4月以降の最小幅

By | December 7, 2021


WSJ専門家展望値669億ドルとほぼ一致

オリジナルを見る

米国カリフォルニア州ロサンゼルスロングビーチターミナル(TTI)。 (インターネットキャプチャ)2016.9.6 /ニュース1
(ワシントン=ニュース1)キム・ヒョン特派員=米国の10月、商品・サービスなど貿易収支赤字がエネルギーや農産物などの輸出増加で前月に比べて急減した。

米商務省は7日(現地時間)10月の貿易収支赤字が前月(814億ドル、95兆9710億ウォン)より17.6%減少した671億ドル(約79兆1110億ウォン)と集計されたと明らかにした。

これは去る4月以降最小幅貿易赤字であり、ウォールストリートジャーナル(WSJ)が集計した専門家展望値669億ドルとほぼ一致した数値だ。

このような貿易赤字の改善は、輸出が大幅に増えたことによるものだ。 去る10月の収入は配信より0.9%増加した2907億ドル(約342兆7400億ウォン)を記録したが、輸出が8.1%急増した2236億ドル(約263兆6240億ウォン)と把握された。

輸出と輸入の両方が歴代最大値だ。

輸出急増には原油と農産物の輸出が増えたことによるものと分析される。 原油輸出は前月より12億ドル、食品と飲料輸出などは21億ドルがそれぞれ増加した。 自動車半導体不足により最近数カ月間抑制された自動車輸出も15億ドル増えた。

去る10月、貿易赤字の大幅改善にもかかわらず、貿易赤字は年間を通じて増加傾向を見せ、今後数カ月以内に再び現れるとWSJは見通した。 過去3ヶ月間の貿易赤字は平均739億ドル(約87兆1280億ウォン)で、昨年9月に記録した3ヶ月平均750億ドル(約88兆4250億ウォン)に依然として近い状況だ。

米国の貿易赤字は、年初の大規模な景気浮揚策と新種コロナウイルス感染症(コロナ19)事態が鎮静気味を見せ、消費財需要が急増するにつれて輸出よりも輸入が早く増え、異例の大幅な増加傾向を記録してきた。

あるエコノミストは、「今後、我々はファンデミックへの懸念が緩和されるまで貿易赤字が歴史的に増加すると予想する」とし「海外で増加するコロナ19事例は、グローバル需要を再び脅かし、輸出成長が輸入より鈍化すると、より大きな赤字リスクに陥る可能性がある」と展望したとWSJは伝えた。



Source link


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *