チェ・テウォン「韓・米・日、グローバルサプライチェーン再編問題に知恵を集める」(総合)

By | December 7, 2021


6~8日米ワシントンサーオピニオンリーダー会「トランスパシフィックダイアログ」開催
カット・キャンベル・ホワイトハウスの調整官、ジョン・オソフ上院議員など定款挨拶大挙参加

オリジナルを見る

最終現学術院理事長のチェ・テウォンSKグループ会長が6日(現地時間)、米国ワシントンDC付近で開かれた’2021トランスパシフィックダイアログ’で歓迎事をしている。 (SKグループ提供)2021.12.7 /ニュース1
(ソウル・ワシントン=ニュース1)リュ・ジョンミン記者、キム・ヒョン特派員=チェ・テウォンSKグループ会長が6日(現地時間)、米国で韓・米・日・ジョンジェ系人事を招待したフォーラムイベントを開き、サプライチェーン再編問題などに対する共同対応の必要性を強調した。

最終現学術院理事長のチェ会長はこの日、学宿院がワシントンDC付近のサラマンダーリゾートで開催した「第1回トランスパシフィックダイアログ」(Trans-Pacific Dialogue, TPD)晩餐行事歓迎社を通じて「韓国とアメリカ、日本がこれまで時より複雑でありながら多くの共同の問題に直面している」と述べた。

彼は米中覇権競争、北朝鮮核問題、グローバルサプライチェーン再編問題、グローバルサプライチェーン崩壊、気候危機などを代表的な共通の問題に挙げた後、「韓米日の共同対応が必要な緊急の問題」と明らかにした。

特にチェ会長は、民間企業と公共分野が集団参加コミュニティを活用しながら知恵を集めれば、このような問題に対する解決策を見つけることができると強調した。

チェ会長はこれに関連して3つの解決策も提示した。 彼は、「第一の解決策は集団参加コミュニティを活用することであり、第二の解決策は効果的で長期的な戦略であり、第三の解決策は北東アジアが直面する地政学的現実とリスクを正確に反映し、平和的に解決する解決策を生み出す」と強調した。した。

崔会長はそれに伴い普段強調しているESG(環境・社会・支配構造)経営と関連し、「一ヶ月前SK CEOらは一緒に集まって炭素に関するミッションを遂行することにした」とし「SKは2030年の全世界温室効果ガス削減目標の1%に相当する約2億トンの炭素排出量を減らすために投資して努力している」と紹介した。

イベントでは、ユ・ジョンジュンSK E&S副会長、イ・ソクヒSKハイニックス代表取締役社長、ナ・ソククォン社会的価値研究院長などがSKグループの成長傾向、RE100加入、新再生可能エネルギーおよび電気自動車事業など、米国で2030年までに520億ドル(約61兆ウォン)を投資するという。計画などについても説明した。

チェ会長は最後に「今回のTPDに集まった皆さんがより多くの幸せを創出し、世界に分けることができるように、そして私たちが直面した多くの問題に対する解決策を見つけるように努力してほしい」と呼びかけた。

今回のTPDは、汎太平洋地域の民間外交と政策共助の必要性を強調してきたチェ会長がここ数年間構想して開催した行事だ。 SK側は、TPDについて「指定学危機解法と経済外交代案提示のための新しいプラットフォーム」と説明する。

オリジナルを見る

チェ・テウォンSK会長が6日(現地時間)米国ワシントンDC付近で開かれた’2021トランスパシフィックダイアログ’でジョン・オソフ上院議員(ジョージア州)に本をプレゼントされて歓談を交わしている。 (SKグループ提供)2021.12.7 /ニュース1
米国の政関係者もオミクロン変異の増加などコロナ19グローバルファンデミック余震が持続中入にも大挙参加して高い関心を見せた。 初日にはジョン・オソフ上院議員(ジョージア州)、チャック・ヘーグル前国防部長官などが、2日目にはカットキャンベルホワイトハウス国家安全保障会議(NSC)インド・太平洋調整官、ビル・ハガティ上院議員(テネシー州)などがTPDを探す。

日本では、長島秋久前防衛省次官、藤崎一郎中曽根平和研究所理事長、松川ルイ自民党参議院など定款関係者らはもちろん、日本を代表する国際政治学者である藤原紀一東京大学教授、高原明夫東京大学教授などが初定された。

韓国では、イ・ホング元首相、チョン・ジェホソウル大学教授、イ・スクジョン成均館大学教授、朴チョルヒソウル大学教授、キム・ビョンヨンソウル大学教授、パク・イングク最終現学術院院長、アン・ホヨン北朝鮮大学院大学総長、衛星ラック前ジュロシア大使、イ・グン韓国国際交流財団理事長、平和交渉本部長、ソン・ジエ梨花女子大学教授、キム・ソンハン高麗大学教授などがオン・オフラインで参加する。

今回発足するTPDは、Δ米・中戦略競争Δインド・太平洋戦略と韓・米・日協力Δ北朝鮮核問題と韓米同盟Δ先端科学技術革新が地政学に及ぼす影響Δ半導体、バッテリー、ワクチン分野 グローバルサプライチェーンの未来など5つのセッションで構成されている。

SKグループの関係者は「チェ・テウォン会長はコロナ危機の中でも今年に入ってだけ米国を4回目の訪問をはじめハンガリーなどを訪れ民間経済外交に注力している」とし「今後もチェ会長とSKグループは今回のTPDのように北京フォーラム、上海フォーラム、東京フォーラムなど汎太平洋国家で運営してきた民間外交のプラットフォームを活用して民間経済外交を継続していくだろう」と明らかにした。

オリジナルを見る

チェ・テウォンSKグループ会長が6日、米国ワシントンDC付近のサラマンダーリゾートで開かれた「トランスパシフィックダイアログ」(Trans-Pacific Dialogue, TPD)のイベントで歓迎史をしている。 ©ニュース1



Source link


Leave a Reply

Your email address will not be published.