カリフォルニア、モントレーバーク事件から2日後にまた銃器乱射事件…「悲劇に次ぐ悲劇」

By | January 25, 2023


米国警察が公開したLA銃器乱射事件容疑者。[写真 LA郡保安官ツイッター キャプチャー]

米国内で銃器所有に最も厳しいと言われるカリフォルニア州で銃器乱射事件が相次いで発生して米国全土が衝撃に包まれている。カリフォルニア州のギャビン・ニューサム知事知事は「悲劇に次ぐ悲劇」として悲痛な心境を吐露した。

23日(現地時間)、ニューヨーク・タイムズ(NYT)などによると、この日同州北部の海岸都市であるハーフムーンベイで銃器乱射事件が発生し、7人が亡くなって1人が重態に陥った。これに先立ち、21日にはカリフォルニア州ロサンゼルス(LA)郡で銃器乱射で11人が犠牲になっていたばかりだが、それから2日後に起きた惨事だ。

21日の銃器乱射はLA近隣モントレーパークに位置するダンスホールで起きた。これによって11人が亡くなり9人が負傷した。当時ここでは陰暦旧正月を祝う行事が開かれていた。NYTは目撃者の言葉を引用し、容疑者フー・キャン・トラン容疑者(72)がダンスホールに乱入して一部の人々を狙って銃を撃ち、残りは無差別に乱射していたと伝えた。在LA中国総領事館は24日、「不幸なことに中国国民が亡くなったことが確認された」と明らかにした。モントレーパークは中国・台湾・ベトナムなどから来た移民者が定着して米国本土でアジア系が過半を占めた最初の都市だ。

トラン容疑者は最初の銃器乱射から20分後、3キロ離れた都市アルハンブラの別のダンスホールで2回目の犯行を試みたが現場にいた市民に銃を奪われた。その後車両に乗って逃走したトラン容疑者はショッピングモールの駐車場で自ら命を断った。NYTはトラン容疑者が1990年ごろに帰化したベトナム系米国人だと明らかにした。周辺の人々はトラン容疑者について「ダンスを好きだが、人々に不信感を持っていて怒りやすい性格だった」と話した。

この事件から2日後の23日にも銃撃事件が発生した。この日午後2時20分ごろ、サンフランシスコから南に48キロ離れたハーフムーンベイに位置したキノコ農園2カ所で銃器乱射事件が起きた。農園1カ所で4人が死亡して1人が重傷を負っているほか、ここから1.6キロ離れた別の農園では3人が銃に撃たれて遺体で見つかった。クリスティナ・コーパス保安官は「学生たちが登校しておらず複数の子供たちが事件を目撃した」とし「このやるせない気持ちをどう表現したらよいのか分からない」と明らかにした。

容疑者である67歳のチャオ・チュンリは中国系だという。チャオ容疑者は犯行2時間後の4時40分ごろ、ハーフムーンベイ警察署の変電所駐車場で逮捕された。チャオ容疑者は被害農園の中の1カ所で数十年間働き、被害者は全員仕事仲間だったとABC7ニュースは伝えた。

ホワイトハウスのカリーヌ・ジャン=ピエール報道官はこの日ツイッターを通じて「バイデン大統領が事件を伝え聞き、連邦政府次元で必要な支援をするように指示した」と明らかにした。バイデン大統領はモントレー事件以降、哀悼を表わし、すべての公共建物に弔旗掲揚を指示していた。

CNNはこの日、米国内の銃撃事件を追跡する非営利団体「銃器暴力アーカイブ(Gun Violence Archive)」資料を引用し、今年に入って現在まで合計38件の銃器乱射事件が発生したと報じた。CNNは「関連の統計が始まって以来、歴代最多件数」とし「これが2023年の米国」と指摘した。

アーカイブによると、今年1月1~23日の間に銃器関連事件・事故で計2720人が亡くなった。自殺が1518人、殺人・過失致死・正当防衛などによる死亡が1202人。このうち0~11歳の子どもが21人、12~17歳の青少年が100人犠牲となった。



Source link