靑「イベント性の南北首脳会談考えない…終戦宣言美側の理解を深めて」

By | October 13, 2021


オリジナル表示

叙勲青瓦台国家安保室長(左)とジェイクサリバン米ホワイトハウス国家安全保障補佐官。©ニュース1
(ワシントン=ニュース1)キム・ヒョン特派員=青瓦台の関係者は12日(現地時間)、最近の任期終盤のムン・ジェイン政府から南北首脳会談開催の可能性が議論されていることと関連し、「南北首脳会談を決してイベント性にするつもりはない明らかに伝えることができている」と述べた。

この関係者はこの日午後、ワシントンDC近くの韓国文化院で開催された特派員らとの懇談会で、「首脳会談はまだ予断もするのはちょっと早い」と前提した後、「首脳会談をするなら会談の結果として実効性のある内容を作成なければならないものである。 会談のための会談ではないだろう」とこう言った。

彼は「そんな時サミットが議論されることができ、成功することができている」とし「その点は明らかに確認したい “とした。

彼は「韓国政府の立場では、残りの任期の間にどのように南北関係や朝鮮半島の非核化の状況を安定させることによって、次の政府に渡してくれるかが、今の最大の目標の一つ」とし「非常に多くの方々がこれまで心配することができる部分は、心配をしなくてもされている。 無理するつもりもなく、急いでもなく、状況を綿密に見ながら必要な事案について、政府が推進する」と明らかにした。

彼は画像首脳会談の開催するかどうかについて「知っているよう今(南北)の通信連絡船が互いに復元なっ最小限の会話を交わすことができる手段を確保し、軍事的にも偶発的な衝突を防ぐことができる緊急通信(チャンネル)を確保た」とし「次のステップは、本格的に会話がつながらなければという、対話する条件を作成すること」と述べた。

続いて「(だから)私たちの政府が構想することはコロナ状況で非対面協議が可能なビデオ会議システム」と「そのシステムが装備されて初めて、何か交渉の意味に合った会話が可能な状態になるだろう」とした。

彼は「その程度と、南北対話が再開されたように評価するものである。 まだその段階までできなかった今の状況では、首脳会談のいくつかの予想と議論をいうまだちょっと時期が早い」と述べた。

この関係者は、終戦宣言と関連して、「終戦宣言は(北朝鮮の)非核化とは無関係に議論することができるわけではない。 終戦宣言は非核化のプロセスと一緒に議論されるべき事案」とし「何度も話しましたが、終戦宣言は非核化の入口、非核化の扉を開ける出発」と述べた。

彼は「終戦宣言は「戦争が終息した」とする一種の政治的・象徴的宣言である。 いくつかの法的・規範的拘束力を持つものではない。 法的には、現在の停戦状態の変化をもたらすような内容ではない」とし「もう残っ問題はいつ、どのようこれを交渉のテーブルに載せる具体的に協議して、結果を作成出すかという問題ではないか。 そんなものは、韓米間、また、関係国間で議論が必要なので、今現在として、具体的に話をする段階ではない」とした。

これに先立ち、叙勲青瓦台国家安保室長はこの日、ワシントンでジェイク・サリバン米ホワイトハウス国家安保補佐官など米側関係者と会って終戦宣言を含めて、南北と米朝関係と関連した協議を進めた。

青瓦台の関係者は、米側と終戦宣言の協議と関連して「私たちが考えている終戦宣言構想について説明をしたし、(米側が)私たちの側の立場への理解を深めたと思う。 まだ反応を話す段階ではない」とし「今後も議論するだろう」と述べた。

この関係者は、北朝鮮人道支援の問題と関連して、韓国と米国が個別にすると、両国が一緒にすることができる内容に対して「今の議論が進行中である」とだけ述べた。 彼は「米国や私たちや、いつも人道的問題については、政治的状況と関連犯さずに人道的次元で支援が可能でよのがある原則の立場は明らかである」とした。

彼は韓米間金正恩労働党総書記の国防発展展覧会「自衛-2021」イベント記念講演について議論があったかどうかについて、「初歩的な議論はあったが、韓米すべてより深い総合分析が必要であると考える。 国内でもいくつかの分析をしている」とし「展示された複数の武器システムだけでなく、金総書記の演説内容も今まで表現していない内容がちょっと入っている。 そのような部分に対しては、より総合的評価と作業が必要であると考えている」と述べた。



Source link


Leave a Reply

Your email address will not be published.