NATO、慎重姿勢崩さず ウクライナ加盟申請で

By | October 2, 2022


30日、ブリュッセルで記者会見する北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長(AFP時事)

【図解】地図で見るウクライナ情勢「ロシア軍侵攻」「近隣国に逃れた難民の数」

 これに対し、NATOは「(加盟への)門戸は開かれている」との原則論に徹し、慎重姿勢を崩していない。ウクライナの求める早期加盟は、今のところ見通せそうにない。

 「自らの道を選択する権利を尊重する」。NATOのストルテンベルグ事務総長は9月30日、ウクライナの加盟申請をこう評価した。一方で「重点的に取り組むべきことは、ウクライナに対する即時の支援提供だ」と強調、早期加盟の可能性には触れなかった。

 ロシアのウクライナ侵攻で、欧州の安全保障環境は大きく変化した。北欧のフィンランドとスウェーデンは長年の中立政策を転換。申請から2カ月もたたずに正式加盟の道筋を付けた。

 しかし、ウクライナは北欧2国と違い、紛争当事国の立場にある。NATOには加盟国への攻撃に全加盟国で応じるとする集団防衛原則があり、ウクライナの加盟はロシアとNATOの全面衝突につながりかねない。

 ストルテンベルグ氏はこの日、ロシアによる併合の違法性を指摘し、ウクライナ支援の継続を約束した。同時に「NATOは紛争の当事国ではない」と述べ、その立場を改めて明確に示した。 



Source link