米労働市場コロナファンデミック完全克服、雇用移転水準回復

By | August 6, 2022


米国バージニア州にあるある食堂で採用公告をしている。 ⓒニュース1

(ソウル=ニュース1) キム・ヒョン特派員 パク・ヒョンギ記者=景気低迷の懸念が大きくなっているにもかかわらず米国労働市場が依然強力であることが分かった。

5日(現地時間)米国労働部は7月、非農業部分の雇用が52万8000個増加したと明らかにした。 これは前月(37万2000個)はもちろん市場展望値(25万個)を大きく上回る数値だ。

これにより、2022年7月基準で米国で働いている人は1億5253万6000人になった。 これはコロナ19ファンデミック(大流行)で米国経済が沈滞に陥る直前の2020年2月、米国で雇用された人口(1億5250万人)を上回る水準だ。

これにより、ウォール街は米国労働市場がコロナファンデミックを完全に克服したと評価している。 米国労働市場が約2年半ぶりにコロナ衝撃を完全に克服したのだ。

このような回復は、2008年のグローバル金融危機以後、労働市場で見た不安と劇的な対照をなす。 金融危機の時は以前の雇用水準を回復するのに約10年かかった。

キャピタル・エコノミックスのシニアエコノミストであるマイケル・ピアスは「7月、非農業部門雇用の予想外の急増と失業率の追加下落、賃金圧迫の再開は経済が低迷直前にあるという主張を嘲笑する」と話した。

同氏は「労働市場の強力さが再び立証されたことで、ヨンジュンが来る9月の会議で金利を0.75%ポイント引き上げる可能性が高まった」と付け加えた。

ワシントンDCの連邦ビル。 ⓒロイター=ニュース1 ⓒ News1 パク・ヒョンギ記者

もし、ヨンジュンが9月にも0.75%ポイントの金利引き上げを断行すれば、ヨンジュンは3回連続0.75%ポイントの金利引き上げをすることになる。



Source link


Leave a Reply

Your email address will not be published.