美、猿頭倉公衆衛生緊急事態宣言… 連邦次元対応強化(総合2報)

By | August 5, 2022


米現在感染者6600人を超えて… 退治資金の確保と治療薬承認の加速

アメリカニューヨーク州ニューヨーク市自治区マンハッタンに位置する自由の女神像とスカイライン。 ⓒロイター=ニュース1ⓒNews1チェ・ソユン記者

(ワシントン・ソウル=ニュース1)キム・ヒョン特派員チョン・ユンヨン記者=チョ・バイデン米国行政府が4日(現地時間)最近拡散している猿頭唱と関連して公衆衛生緊急事態を宣布した。

ハビアベセラ保健福祉部長官はこの日のブリーフィングで「私たちはこのウイルスを扱う上で次の段階に対応する準備ができている」とし「私たちはすべてのアメリカ人が猿頭唱を真剣に受け入れ、このウイルスの退治を助けるために責任感を持てるよう促す」と話した。

今回の緊急事態宣言は緊急資金を自由に使用し、ワクチンと治療剤の分配を改善するなど、連邦政府レベルの対応を強化するためのものだと米メディアは伝えた。

緊急事態宣言で連邦政府は、熱、身体の痛み、悪寒、疲労などを誘発する猿頭昌ウイルス退治のための資金とデータなどの資源を確保することになる。 また、疾病退治に必要な追加人材配置はもちろん、新しい治療剤に対する承認手続きを加速するなどの措置を取ることができるようになる。

米国は去る5月中旬に初めて猿頭唱感染が発生した以後、現在感染者が6600人を超えるなど広がり続けている。

今回の緊急事態宣言は、バイデン政権が猿頭唱発症の深刻性を認識できず、需要が暴増しているワクチンと診断検査不足につながるなど、対応に失敗したという批判が提起された中で行われた。

一部の公衆衛生の専門家らは、米国が猿頭唱を抑制し除去する機会を逃したと懸念している。 ローレンス・ゴスティン・ジョージタウン大学公衆衛生法教授は「緊急事態宣言は重要だが遅い措置」と指摘した。

ただ、大多数の専門家らは今回の緊急事態宣言が重要な決定だとし、対応強化を促している。

カリフォルニア大学ロサンゼルスキャンパスの力学者であるアン・リモインは、猿頭嘉に対する緊急事態として宣言することは「重要な決定」だったと評価し、これは当局が「今すぐ対応を強化しなければならないという強力なメッセージを伝える」と評価した。

グレッグ・ゴンサルベス・イェール大学公衆衛生大学院疫学者も「保健部が猿頭嘉に対して公衆衛生緊急事態を宣言することは重要な決定だが、さらに重要なのは地域間の協力水準を高め、ワクチン供給危機を解決するために議会から資金を調達されること」 「と言った。

彼は「そうでなければ新しいエンデミック(風土病)が米国を襲うだろう」と話した。

すでに世界保健機関(WHO)は先月23日、猿頭嘉に対して国際的公衆衛生緊急事態(PHEIC)を宣言して警鐘を鳴らし、米国内でも連邦政府に先立ち、カリフォルニア州、イリノイ州、ニューヨーク州が州政府レベルの緊急事態を宣言したことがある。

これに先立ち、ホワイトハウスは去る2日、猿頭唱を汎政府的に管理監督するためにホワイトハウス猿頭唱対応調整官にロバート・ペントンを、副調整官にドミトリー・ダスカラキスをそれぞれ任命したことがある。

一方、今月3日基準で猿頭唱は世界87カ国で報告されており、確定者は2万6208人と集計されている。



Source link


Leave a Reply

Your email address will not be published.