米国務次官「韓のための拡張抑制に非常に専念…北と会話が開いている」

By | August 4, 2022


第10回NPT評価会の関連説明会… 「対北朝鮮制裁、継続しなければならない努力」

ボニー・ジェンキンス米国務省軍備統制・国際安保次官が3日(現地時間)、米国ニューヨークで開かれている第10次核拡散禁止条約(NPT)評価会議と関連して外信記者らを相手にブリーフィングを行っている。 ⓒニュース1(YouTubeキャプチャ)

(ワシントン=ニュース1)キム・ヒョン特派員=ボニー・ジェンキンス米国務省軍備統制・国際安保次官は3日(現地時間)、米国の拡張抑制公約と関連し、「米国は依然として韓国のための拡張抑制に非常に専念している」と言った。

ジェンキンス次官はこの日、米国ニューヨークで開かれている第10次核拡散禁止条約(NPT)評価会議と関連して外信記者を相手にしたブリーフィングで、「米国は学区に拡張抑制を提供するという約束を再確認するが、ますます多くの韓国人彼らは十分ではないと思う」と指摘に「私たちは(韓国に対する)拡張抑制に真剣に専念しており、それは全く変わらなかった」とこう答えた。

ジェンキンス次官は、「北朝鮮の核問題について」(ジョー・バイデン)政権は、我々が北朝鮮との対話に開かれていることを非常に明確にしてきた。する準備ができている」と明らかにした。

彼は残念ながら、北朝鮮がある種の議論の準備に答えていないと言っても、「我々はまだ対話について開かれた立場」と重ねて強調した。

彼は「我々はまだ韓国に対する抑止力(提供に)専念していると、我々は北朝鮮と対話に開かれており、域内同盟と緊密に協力したい」と再確認した。

ジェンキンス次官はまた、北朝鮮のNPT復帰の可能性と関連して、「私は私たちがそれをする前に少なくとも彼ら(北朝鮮)と会話をしなければならないと思う」とし、「もし彼ら自ら(NPTに)復帰したくなければ、問題について彼らと本当に話すことはできません。それは私たちの能力を制限する」と指摘した。

彼は「(だからといって)私たちが(北朝鮮の非核化を)あきらめてこの仕事を続けないか、非核化に専念しないということを意味しない」とし「それはただ、そして常に挑戦課題という意味にすぎない。その問題に対処する方法を探し続け、私たちがこれを行うことができる方法として外交を続けなければならず、域内私たちの同盟およびパートナーとの協力を続けなければならない。

ジェンキンス次官は、北朝鮮が国際社会の対北朝鮮制裁を回避しているという指摘には、「制裁は私たちが継続しなければならない努力であり、多くの分野で成功していた」とし「私たちが100%までではないという事実を「制裁が働かない」ということで見てはいけない」と反論した。

彼は「私たちは韓国と多くの問題において協力しながら良い関係を維持しており、北朝鮮問題に関して私たちの量子関係を強化している」と話した。



Source link


Leave a Reply

Your email address will not be published.