バイデン、「中絶権判決廃棄」に「悲しい日…最高裁の悲劇的過誤」

By | June 25, 2022


ホワイトハウスの演説、「戦い終わったのではない」… 中絶圏支持候補投票アピール

ジョー・バイデン米国大統領が2022年6月24日(現地時間)、ワシントンDCホワイトハウスで連邦最高裁判所が中絶合法化の道を開いた「ロ・対・ウェイド」判決を廃棄したことと関連した演説をしている。 © AFP=ニュース1 © News1 キム・ヒョン特派員
(ワシントン=ニュース1)キム・ヒョン特派員=ジョー・バイデン米国大統領は24日(現地時間)、連邦最高裁判所が米国社会の中絶合法化の道を開いた「ロ・デ・ウェイド」判決を公式廃棄したことに関連して「裁判所と国家に悲しい日」と批判した。

バイデン大統領はこの日午後、ホワイトハウスで連邦最高裁判所の決定に対する演説を持ち、「今日最高裁判所はアメリカ人からすでに制限的に認められてきた憲法的権利を明らかに奪い取った」と述べた。

米連邦最高裁判所はこの日、「ローおよびフランドペアラントフード対ケーシー」の判決に関連して「憲法は中絶に対する権利を付与せず、憲法のいかなる条項もそのような権利を保護しない。これにより、この判決は廃棄されなければならない」 「中絶を規制する権限は国民と彼らが選出した代表に返される」と決定した。

これにより中絶権に対する決定は各州政府及び議会の権限に移り、1973年に「ロ対ウェイド」判決以後50年間、連邦政府レベルで保障された中絶権が後退することになった。

バイデン大統領は「50年前に決定された「ロ・デ・ウェイド」判決は、その後この党の法として存在してきた」とし、「ロ・デ・ウェイド」判決が女性の自己運命決定権と私生活に対する保護を強化したと思い出した。 「ロー対ウェイド」判決が廃棄で米国女性の健康と生活が危険にさらされていると指摘した。

彼は「私は「ロー対ウェイド」判決が憲法の問題として正しい決定だったと信じている」とし、「家族と個人の自主性問題においてプライバシーと自由に対する基本権の適用は、妊娠初期の女性が(妊娠を維持するかどうか)を選択する権利と国家は後に妊娠を規制する能力の間の成熟し、細心のバランスだった」と評価した。

彼は「広範な国民的合意を経た決定は、信仰と背景を持つほとんどのアメリカ人が受け入れることができた」と述べた。

バイデン大統領はまた、「ロー対ウェイド」判決は共和党出身だったリチャード・ニクソン大統領当時任命された最高裁判所によって作成された「7対2」決定であり、ドワイト・アイゼンハワーとニクソン、ロナルド・レーガン、ジョージWブッシュなど共和党出身大統領から任命された最高裁判所らは、50年間、「ロー対ウェイド判決」の原則を擁護するのに投票したと紹介した。

バイデン大統領は特に「この国で女性に対する基本権を取り除き、奪い取って正義の天びんを覆す今日の決定の核心は、ドナルド・トランプ大統領が指名した3人の最高裁判所」とし「ミスしないでください。今回の決定は私たちの法バランスを覆すための数十年にわたる意図的な努力の絶頂」と指摘した。

彼は「私が見るにはそれは極端なイデオロギーの実現で最高裁判所の悲劇的過誤」とし、「最高裁判所はすでに認められた多くのアメリカ人に基本となる憲法上の権利を明らかに奪う、以前決して行われなかったことをした。 「この決定は実質的かつ即時の結果をもたらすだろう」と述べた。

バイデン大統領は「選択の余地がない。女性の場合、最も大きな打撃を受けるだろう。残酷だ」とし、「最高裁は1800年代に遡る堕胎を犯罪化する州法を提示した。最高裁は文字通り150年前に米国を後退させた」と明らかにした。

バイデン大統領はさらに「私が見るには国家に悲しい日だが、それが戦いが終わったことを意味しない」とし「私たちが女性がそのバランスを選択する権利を確保する唯一の方法は議会が連邦法で」として「対ウェイド」の保護を回復することだ」と、来る11月の中間選挙で中絶権を支持する候補者を支持するよう促した。

彼は、「私は今日までの決断の結果に直面する州で女性の権利を守るために全力を尽くす」と述べた。

これに関連して、CNNは正統な消息筋を引用し、バイデン大統領とカマラ・ハリス副大統領、メリック・ガランド法務長官が女性の生殖・健康に対する行政措置を発表する予定だと報道した。

バイデン政権は薬物誘発中絶に対する保護を実施し、保健福祉部はこれらの薬物へのアクセスを高める予定であると伝えられた。 また、法務省は、女性が中絶の治療のために他の州に移動する権利を確保し、中絶に関するアドバイスを提供する人々を保護するとCNNは伝えた。



Source link


Leave a Reply

Your email address will not be published.