美大裁判所、「中絶合法化判例」結局廃棄… 政治・社会的波長予告(総合2報)

By | June 24, 2022


半世紀中絶合法化根拠になってきた「ロ対ウェイド」判例裏返し… 報酬優位最高裁判所構図再確認
全州の半分中絶の禁止と制限の見通し… バイデン「悲しい日」 – トランプ「憲法によるもの」

中絶権擁護団体が2022年6月24日(現地時間)、米連邦最高裁判所が中絶権を認めた「ロ対ウェイド」決定を覆す判決を下すと、米国最高裁判所外でデモを行っている。 ©ロイター=ニュース1 © News1キム・ヒョン特派員
(ワシントン・ソウル=ニュース1)キム・ヒョン特派員、チェ・ソユン記者=米国連邦最高裁判所が米全域の24週間中絶を憲法上権利と認めた「対大ウェイド判例(1973)」を結局覆した。 保守優位の連邦最高裁判所力学構図をもう一度実感させたという評価だ。

これにより中絶圏をめぐる米国内論争が激化するなど大きな波長を呼ぶと予想され、来る11月中間選挙を控えて中絶圏が核心争点として浮上するものと占められる。

ロイター通信など外信らによると、連邦最高裁判所は24日(現地時間)「妊娠15週」以降の中絶を全面禁止したミシシッピ州法の違憲法律審判で「6対3」意見で合憲判断をした。 。 米国連邦最高裁判所は韓国の憲法裁判所のような役割も遂行する。

連邦最高裁判所はまた、「ローおよびプランドフェアラントフード対ケーシー」判決を廃棄するかどうかについての表決では、「5対4」で廃棄を決定した。 保守性向であるジョン・ロバーツ最高裁判所長は、ミシシッピ州の中絶禁止法の維持には賛成したが、「ロー対ウェイド判決」を廃棄することについては同意しなかったと伝えられた。

大法官多数は妊娠24週内外の場合、中絶権認めた既存の判例は「米国憲法が中絶権を具体的に言及しなかった」という理由で間違っていると判断した。

連邦最高裁判所の今回の決定で約50年間、女性の中絶権を認める根拠となった「ロ大ウェイド」判決も公式廃棄された。

1973年1月22日に行われた「ロー対ウェイド」判決は、米国社会で中絶に関する憲法上の権利を保障しながら中絶合法化の道を開いた記念碑的な判決とされてきた。

1971年、テキサス州で性的暴行で望ましくない妊娠をするようになった女性が中絶手術を拒否されると、テキサス州を相手に訴訟を提起した。 ノーマ・マコビという名前のこの女性は身辺保護のために「ジェーン・ロ」という仮名を書いた。 「ヘンリー・ウェイド」という名前のテキサス州ダラス郡地方検査が事件を引き受け、この事件は「ロー対ウェイド」と名付けられた。

当時連邦最高裁判所は、表決から7対2で中絶に対する女性の権利が、米国修正憲法第14条に明示された私生活保護権利に該当すると認めた。

最高裁判所は、胎児が母親の子宮の外で自ら生存可能な時期に達する前に、女性は何らかの理由で妊娠状態から自ら脱出する決定を下す権利があると判決した。 当時基準としては妊娠約28週目が基準となったが、以後医学の発展で現在専門家らはその時期を約23~24週目で見てきた。

しかし、その後も議論は絶えず、米連邦最高裁判所は1992年「ケーシー事件」などを通じて1973年判決を認めてきた。 ロバート・ケーシー当時、ペンシルベニア州知事の中絶制限規定に反発して中絶を賛成する地域団体が訴訟を提起したが、連邦最高裁判所は「女性が胎児が自ら生存が可能になるまで妊娠を中断する憲法上の権利を有する」というロ対ウェイド判決の核心原則を再確認した。

しかし、サミュエル・アリト大法官はこの日公開された多数の意見で「私たちは「ロ・対・ケーシー」判決を破棄しなければならないと考える」とし、「憲法は中絶権について言及しておらず、そのような権利は修正憲法14条の適法手続条項を含め、いかなる憲法条項によっても絶対に保護されない」と主張した。

アリト最高裁判所は、「「判決」は最初からとんでもなく間違っていた。その推論は非常に弱かったし、その決定は有害な結果をもたらした。は議論を呼び起こし、分裂を深化した」と明らかにした。

アリト大法官は「憲法に関心を寄せ、中絶問題を国民が選出した代表たちに返さなければならない時」とし「私たちはこの見解を私たちが始めたところで終わる。中絶は深刻な道徳的問題を提起する」 「憲法は、各州の市民が中絶を規制または禁止することを禁じていない。「ロ・ケイシー」判決は、その権限を侵害した。与える」とした。

ジョー・バイデン米国大統領が2022年6月24日(現地時間)、ワシントンDCホワイトハウスで連邦最高裁判所が中絶合法化の道を開いた「ロ・対・ウェイド」判決を廃棄したことと関連した演説をしている。 © AFP=ニュース1 © News1 キム・ヒョン特派員
米連邦最高裁判所がほぼ50年間確認されてきた「ロー対ウェイド」判例廃棄がなされたのは、ドナルド・トランプ前大統領が振りかけた判例変更試みの「種」が芽生えた結果だというのが米メディアの評価だ。

引き金となった事件は、トランプ政権時代だった2018年、ミシシッピ州が制定した中絶禁止法だ。 当時は共和党優勢州で中絶禁止風が吹いた時期だ。

ミシシッピ中絶禁止法はロー対ウェイド判例より制限された期間である「妊娠15週」以降の中絶を全面禁止したのはもちろん、レイプや近親相姦まで例外に置かずに議論になった。 唯一認められた例外的許容性は、医学的緊急性または胎児の致命的な奇形だけでした。

これに違憲法律審判が提起され、1審と2審でいずれも不当な法律という判断を受けた後、最高裁判所の審査テーブルに上がったのだ。

現在、連邦最高裁判所は最高裁判所長及び8人最高裁判所のうち、保守性向6人、進歩3人でバランス追加が傾いたという点ですでに予見された判決だったという評価だ。 現職保守性向大法官のうち3人はトランプ政権で任命された。

連邦最高裁判所は昨年10月、ミシシッピ州の中絶禁止法違憲可否審理を開始し、その結果を盛り込んだ判決文の草案が先月2日、ポリティコ報道を通じて流出し、米国社会が抜け出した。 ジョー・バイデン大統領まで反発に加え、他の判決が出ることを期待したが、結局共和党と保守勢力の手を挙げたのだ。

スティーブン・ブライヤーなど進歩性向大法官らは、少数意見で「中絶政策決定を州政府に返すことで中立的な立場を取っている」という多数の意見に対して、こうした最高裁の立場は、他の権利を危険にさらすだろうと反論した。

これらの最高裁判所は「それなら避妊や同性結婚に対する権利は何か。裁判所がそのような権利もなくすことが「良心的に中立的」になるのか」とし「このすべての事例の要点は裁判所が権利に関するすべてを主に任せる時、中立的に行動しないということだ」と指摘した。

彼らは「裁判所が50年間女性が持っていた権利を奪うとき、裁判所は「良心的に中立的」になるわけではない。代わりにそれは権利を行使したい女性に対抗することだ」と述べた。

連邦最高裁判所の今回の決定はほぼ直ちに全国に波紋があるだろうし、約全体の半分ほどが中絶を禁止したり、急激に制限する態勢を整えているとワシントンポスト(WP)は見通した。

現在13株は「ロ」判決がひっくり返るとすぐに効力を持つように設計された「トリガー禁止」条項で30日以内に中絶を不法化すると予想される。 これらの中絶禁止法案は、母親の生命が危険な場合を例外としているが、大部分はレイプや近親相姦に対する例外を含んでいない。

最高裁の今回の決定で中絶圏をめぐる米国社会の葛藤はさらに激化すると見込まれる。 特に来る11月中間選挙で核心争点として浮上する見通しだ。

チョ・バイデン大統領はこの日、緊急大国民演説を通じて「最高裁が米国を150年前に返した」とし「国家と裁判所に悲しい日」と批判した。

チョ・バイデン大統領は今回の判決に対応して中絶薬の購入を容易にしたり、他の州で中絶施術を受けることを可能にする措置などが盛り込まれた行政命令を下す案を検討していることが分かった。

これとは異なり、トランプ元大統領はこの日、フォックスニュースの出演し、今回の判決は「憲法によるもの」とし「長く前に与えなければならない権利を返すもの」と評価した。



Source link


Leave a Reply

Your email address will not be published.