米、韓難民政策聴聞会開催… スジャムショーティ「文政府、衝撃的裏切り」

By | June 24, 2022


文在寅政府の脱北者政策に対する批判
ユン・ソク熱政府は積極的な難民政策の転換を要求する

クリストファースミス衆議院。©ニュース1
(ワシントン=ニュース1) キム・ヒョン特派員=米議会の超党的機構であるトム・ラントス人権委員会(以下委員会)が24日(現地時間)画像で開催した聴聞会で専門家たちは新たに発足したユン・ソクヨル政府の積極的な難民政策転換を要求した。

一部の専門家らはまた、以前の文在寅(ムン・ジェイン)政府が対北朝鮮油絵政策に集中し、脱北者問題などを免れたと強い批判の声を出した。

委員会はこの日、「ユン・ソクヨル政府と韓国の難民政策」をテーマに画像聴聞会を開催した。

共和党所属で委員会共同委員長のクリストファー・スミス下院議員は「私たちが世界難民週間に聴聞会を開催するのは適切だ」とし、「韓国はアジア国で初めて難民に関する法律を制定したにもかかわらず、亡命申請に対する承認率が非常に低く、2020年に1%下落した。難民を除いても2020年に韓国に到着した脱北者数も急激に減少した」と指摘した。

スミス議員は「最近5年間、韓国の平均難民収率は1.5%にも満たない」とし、これはドイツの74%や米国の26%などと比較して著しく低い水準だと評価した。

スミス議員は韓国が脱北者をはじめとする難民に対して敵対的でなくても両面性を見せてきたとし「近年、共産主義北朝鮮の抑圧から逃げた脱北者さえ韓国に避難することを諦めるように見える」と指摘した。

それとともにスミス議員は新たに就任したユン大統領は大統領選挙の過程から難民問題に積極的に立場を見せただけに期待が大きいと明らかにした。

ユン大統領が就任社で「自由と人権に基づく普遍的価値と国際規範を積極的に保護し促進するという約束を明らかにし、自分だけでなく他人のために自由と人権を拡張しなければならないと叫ぶ世界市民として韓国のより大きな役割を強調した」と紹介した。

スミス議員は特に「ユン大統領の繰り返し自由強調は共産主義北朝鮮に対して非常に油絵的だった以前の政権の姿を見た人々の心金を鳴らした」とし「ユン大統領は共産主義抑圧を避け、韓国で新たな人生を追求する人々より大きな開放性を示唆した」と評価した。

証人として出席したキム・ジョンチョル公益法人センターアピール先任研究院は「韓国は1992年難民協定を批准し、2013年アジア初に難民法を制定したが、過去30年間、韓国政府は難民保護義務を履行できなかった」と批判した。

キム研究員は「最も重要な問題は韓国政府が全般的に難民を認めることを嫌がるということだ」とし「過去3年間、7000人の中国人が難民を申請したが、たった11人だけが許可を受けた。彼ら(中国難民申請者)は中国に戻ると迫害を受ける可能性があるが、韓国政府はすべての人々を拒否した」と文在寅政府の排他的な難民政策を指摘した。

キム研究員はまた、ユン・ソクヨル政府の積極的な難民政策を促した。 彼はユン・ソクヨル政府発足にも韓国の難民政策には何の変化もないとし、「だから難民保護の面で以前より良くなるか、悪くなるかは不確実だ」と指摘した。

キム研究員は最近ミャンマー民主化運動に参加して難民申請をしたミャンマー難民3人に対して法務部が入国申請段階から拒否し、ほぼ一ヶ月間空港ターミナルで留まった事例と最近移住抑留者の処遇に関する改正された規定を発表したことを言及、「新しい政府が難民をどのように見ているかを示す象徴的な出来事」と話した。

彼はユン・ソクヨル政府が難民保護に対する約束を真に履行するためには国際標準と規範を遵守して法と政策を大胆に変えなければならないと強調した。

スーザンショーティ北朝鮮自由連合議長。©ニュース1
シン・ヒソク転換予定のワーキンググループ法律分析官は「悲しいことに、ほとんど脱北民が永久に居住する韓国でも拘禁と国際法上顧問に該当する待遇を受けるのはもちろん、露骨な強制北送など深刻な人権侵害から安全ではない」と明らかにした。

新分析官は特に文在寅政府当時の2019年11月に発生した脱北漁民の北松事件を取り上げ、「海上で韓国に到着した2人の脱北人が安帯が満たされたまま特別警察の護送を受けて非武装地帯に引きずられていった。降りて安帯を脱いだ時、彼らは恐怖に飽きてひざまずいたという。

彼は「当時(韓国)政府は二人が船上で十数人の仲間を殺害して逃げ、真に脱北した意図がなかったと証拠もなく主張した」と批判した。

彼は「韓国で脱北者に対するこのような巨大な人権侵害を可能にする2つの相互関連する法的問題がある」とし、韓国裁判所が北朝鮮の人々に対して韓国の市民権を受ける資格がないと一貫して判決しており、脱北者が政府から保護地位を得るまで弁護士を選任したり、黙秘権行事など最小限の法的保護を受けられていないと説明した。

彼は「脱北者の曖昧な法的地位と韓国の国内法秩序および情報機関の拘禁・尋問の特別な法的性格が各種人権侵害と蹂躙を可能にする」とし「こうした違反と虐待が発生するには特定の政治的理由がある」と言った。

新分析官は特に「もっと悪いのは、はるかに衝撃的な形態の虐待が人権弁護士だった文在寅(ムン・ジェイン)大統領の進歩政府で頭を上げたという点」とし「アローンにも、文大統領は南北ゴナ系改善を大統領任期の基礎としたが、その政策は可視的な成果がほとんどない世襲独裁者に対する無原則な油絵本という批判を受けた」と話した。

彼は2019年11月に脱北者強制送還を決定した理由が明らかではないとし、「その月末、釜山で開かれた韓国・アセアン(ASEAN・東南アジア国家連合)首脳会議に金正恩が参加するように心をひきつける努力の一環であるという推定を受け取った」と指摘した。

彼は「それが事実ならば虚死だった」とし「金正恩が釜山に現れなかったから」とピンチもした。

北朝鮮自由連合議長も西海公務員の被撃事件に言及し、「彼らは銃撃を加えて遺体を燃やした。どんな影響を及ぼしたのか」と反論した。

ショーティ議長は、「私が出会った韓国当局者たちは素晴らしかった。求めると一緒に嬉しかった」とした。

しかし、「文在寅元大統領が任命した人々はそうではなかった」とし、「文前大統領は金正恩の独裁政権を喜ばせることにもっと関心があった」と直撃した。 彼は「私はこれが脱北者たちが北朝鮮住民に真実を知らせるのに最も大きな影響力を及ぼしたからだと思う」と話した。

彼は文在寅(ムン・ジェイン)政府の対北せん断禁止法も取り上げ、「私たちは北朝鮮の住民に真実を知らせる最も効果的な手段を持っていた。 「しかし、文前大統領がキム・ジョンウンとその弟キム・ヨジョンの直接的な指示でこれを禁止した」と主張した。

彼は「文在寅政府はすべての北朝鮮難民を本国に送還し、韓国憲法と彼らの国際条約義務に違反した」とした。 彼は「彼(文前大統領)は(脱北者に対する)歓迎を収め、彼らの顔と私の顔の前でもドアを閉めてしまった」と批判するのはもちろん、文在寅政府が脱北者を助けたある韓国人ビジネスマンのパスポートを「国衛損傷を理由に無効化したとし「衝撃的な裏切り」と盛土した。



Source link


Leave a Reply

Your email address will not be published.