米、中「韓NATO首脳会の参加反対」に「中拒否権ない」日針

By | June 24, 2022


美白楽館に関する質問に回答… 「韓国NATO首脳会の参加期待」

ジョン・カービーホワイトハウス国家安全保障協会の戦略コミュニケーション調整官。 © AFP=ニュース1 © News1 ウ・ドンミョン記者
(ワシントン=ニュース1)キム・ヒョン特派員=米ホワイトハウスは23日(現地時間)、中国が韓国の北大西洋条約機構(NATO・NATO)首脳会議に出席することについて否定的な立場を見せていることと関連して「中国は韓国がどんな会議に出席して(誰と)似合うのか拒否権がない」と反論した。

米国が参加するNATOは29~30日、スペインのマドリードで首脳会議を開催し、NATO加盟国ではなく韓国のユン・ソクヨル大統領をはじめ、日本とオーストラリア、ニュージーランドなどインド・太平洋諸国の首脳も参加する予定だ。

ジョン・カービー・ホワイトハウス国家安全保障会議(NSC)戦略コミュニケーション調整官はこの日、メディアブリーフィングで「中国が韓国のNATO首脳会議の参加に反対する」という質問に「今回の会議はアジア版NATOに関するものではない。NATOは世界で最も効果的で実用的で成功した大西洋沿岸国家間の安全保障同盟」と述べた。

カービィ調整官は「私たちは韓国がこれと議題の一部について話すためにそこに参加することに期待している」とし「これはヨーロッパとインド・太平洋間のグローバル安全保障の連携を見せてくれるのである。二人に分かれたものではない」と強調した。

彼はすべて発言で韓国や日本などNATO非会員国が初めて首脳会議に参加すると紹介した後、「これはヨーロッパでもインド・太平洋地域でもアメリカと同盟およびパートナーが主権と領土保全の原則を守護することを明らかにすること」 「と評価したりもした。

カービィ調整官は特に回答で中国を狙って「私たちがヨーロッパで見るのと同じ種類の領土保全と主権に対する攻撃がインド・太平洋でも起こり得る」とし「韓国はどの国よりもこれをよく知っている。だから私たちは韓国がその会議に参加するという点が重要だと思う」と強調した。

彼は今回の会議がインド・太平洋でNATOと同様のバージョンを作ろうとするものではないと再度言及した。

カービィ調整官は、NATO首脳会議の期間、韓米日首脳会談が開催されるかどうかを尋ねる質問に、「今日は首脳会議議題以外には追加で話すことがない」とし、「ジョー・バイデン大統領は米国と2人の同盟間より大きい。三国協力があることを切に願う」と話した。

彼は先月、バイデン大統領の韓日順房事実を思い出した後、「バイデン大統領は日本と韓国間の両者協力が増えることを切に願って、これは起こっていること」とし「だからバイデン大統領は(両国首脳を)見ることは非常に楽しみにしている」と言及した。

カービー調整官はNATO首脳会議で今後10年に備えたNATOの新しい戦略概念に中国を狙った内容が含まれることを確認した。

彼はロシアのウクライナ侵攻を取り上げ、「戦略概念は2010年に最後に使われた。(ただし)2010年以降、安全保障分野で多くの変化があり、確かに同盟の焦点が大きく変化した」とし「今こそ新しい戦略概念が必要な時点」と明らかにした。

続いて、強制労働や知的財産権の侵害など、中国の経済的慣行や域内はもちろん、世界中の他の地域で中国の攻撃的行動に対する同盟の同じ懸念が反映されるだろう。声明に中国を言及した」と明らかにした。

続いて「従って戦略概念は、インド・太平洋地域を越えて国際安全保障に中国が提起した脅威に関して同盟たちと数カ月間議論し、熟考した土台の上で構築されている」と付け加えた。

これに先立ち、王原峰中国外交部スポークスマンはこの日定例ブリーフィングで関連質問が出ると、「アジア・太平洋地域は北大西洋の地理的カテゴリではない」とし、「アジア太平洋地域国家と国民は軍事集団を引き寄せ、分裂と対抗を扇動するある言行にも結然反対する」と明らかにした。

王スポークスマンは「中国は国家間の発展関係は世界の平和と安定に寄与しなければならず、第三者を狙ったり、第三者の利益を損なってはならないと一貫して考えてきた」と述べた。

また、中国の影響力負傷への対応方案がNATO首脳会の議題の一つとして議論されることについて、「NATOは明らかに北大西洋軍事組織であるが、近年入ってアジア太平洋地域に駆け寄り、威勢を落とし、ヨーロッパの集団対抗の道をアジア太平洋地域に複製しようとし、「これは非常に危険なこと」と日を立てた。



Source link


Leave a Reply

Your email address will not be published.