米連邦大法「公共場所銃器携帯認定」… 米国全域での訴訟が続くようです

By | June 24, 2022


「大容量弾倉所持禁止」ニュージャージー州、最高裁判所の判断を待つ
大法官性向報酬6・進歩3に分かれて… 銃器規制緩和手を上げるように

2018年2月18日(現地時間)、銃器乱射で18人が亡くなったフロリダ州パークランドのマザーリー・ストーンマン・ダグラス高校の前で、一人の学生が銃器規制強化を要求するデモを行っている。 © AFP=ニュース1 © News1 ウ・ドンミョン記者
(ソウル=ニュース1) キム・イェスル記者、キム・ヒョン特派員=米国連邦最高裁判所が許可なしには公共の場所で銃器を所持できないようにしたニューヨーク州の法律に制動をかけた。 米全域では銃器事故で大規模殺傷が起こり、銃器規制強化に対する声が高い状況で、世論に正面に配置される判決という指摘が続いている。

連邦最高裁判所の今回の判決が大規模訴訟につながると24日(現地時間)ロイター通信は分析した。

これに先立って最高裁判所は前日、「ニューヨーク州ライフル・ピストル協会大對ブルエン」事件でピストルを隠蔽携帯できる許可を受けるには、「正当な理由」と「善い品性」を証明しなければならないという100年以上のニューヨーク州法律この銃器所有権利を規定した修正憲法2条に違反すると判断した。 9人の大法官のうち6人が違憲意見を、3人は合憲意見を出したという。

クラレンス・トーマス大法官は、多くの意見で「修正憲法2条と14条は家の外で自己防衛のために個人の拳銃の携帯権利を保護する」とし「ニューヨーク州の武器所持に必要な特定の要件はその権利を侵害する」と明らかにした。 。

修正憲法2条は「規律がよく立っている民兵隊は国家安全保障に必須であるため、武器を所持して携帯する国民の権利を侵害してはならない」と規定する。 米国建国初期と西部開拓時代に自分と家族を保護するため銃器保有を許可したのがこれまで続いたわけだ。

UCLA法隊の修正憲法2条専門家であるアダム・ウィンクラーは「今回の最高裁判所の判決が銃器規制の合憲性をめぐって膨大な量の訴訟につながるだろう」とし「多様な銃器安全法に疑問を提起するほど幅広く作成された」と指摘した。

ウィンクラーは今回の判決により、米国連邦上院で民主党と共和党の一部議員が合意した銃器規制立法案にも制動がかかる可能性があると指摘した。 交渉案には、21歳未満の銃器購入希望者の犯罪記録を検討できるよう、身元照会を強化する内容が盛り込まれた。

ミズーリ大法隊で銃技法を教えるロイス・バロンデス教授も「以前、裁判所で棄却された銃器規制に対する違憲訴訟が今回の事件後には銃器規制賛成者が手を挙げる可能性が高い」と説明した。

バロンデス教授は、ニュージャージー州で提起された訴訟を例に挙げた。 ニュージャージー州では10発以上の弾薬を盛り込む大容量弾倉を所持できないようにしている。 この法案は違憲訴訟に引き渡され、現在最高裁判所の判断を待っている。 カリフォルニアとニュージャージー、メリーランド、ハワイ、マサチューセッツ州なども隠れ用武器を所持するために「正当な理由」を要求する同様の規定があると伝えられた。

今回の判決は、2008年の家庭で個人の武装自衛権を確立した最高裁判所判決を2010年全国的に適用した後、13年ぶりに出た銃器規制に対する最高裁判所の立場だ。

政府の銃器規制は米国で最も議論的な事案の一つだ。 民主党は銃器規制の維持を、共和党は銃器規制緩和を主張し、鋭く対立してきた。

問題は現在、連邦最高裁判所の性向が最高裁判所長及び8人最高裁判所のうち報酬6、進歩3人でバランスを失った状況だという点だ。

現職保守性向大法官のうち3人がトランプ政権で任命された。 トランプ元米大統領は「銃とか悪い奴を防ぐ方法は銃とも優しい奴」とし続けて銃器所有を擁護してきた。 最高裁の構成で照らしてみると、今後続く銃器規制関連訴訟でも銃器所有拡大側に手を挙げる可能性が高い。



Source link


Leave a Reply

Your email address will not be published.