パウエル「労働市場条件を持続するためにインフレを下げなければ…持続的金利引き上げ適切」

By | June 23, 2022


美下院金融サービス委員会出席… 「政策転換、はっきりとした証拠を見なければ」

ジェロームパウエル米連邦準備制度(Fed・連준)議長。 © AFP=ニュース1 © News1 ウ・ドンミョン記者
(ワシントン=ニュース1)キム・ヒョン特派員=ジェローム・パウエル米連邦準備制度(Fed・連준)議長は23日(現地時間)必須」とし「私たちは継続的な金利引き上げが適切だと予想する」と明らかにした。

パウエル議長はこの日、下院金融サービス委員会に出席し、ヨンジュンはインフレが確実な方法で下がっているという明確な証拠を見るまで、金利引き上げから引き下げに転換することを躊躇すると述べた。

彼は「私たちはこれに対して失敗することはできない。私たちは本当にインフレを下げなければならない」とし「私たちは「ミッション完了」を宣言する前にインフレが実際に下げられているという証拠を見たいと思う」と明らかにした。

彼はヨンジュンの物価目標値である2%を再確認し、「インフレを抑制するとともに強力な労働市場を維持できるか」という質問に「確かに可能だ」と答えた。

パウエル議長は「経済成長が停滞して失業率が上昇した場合、金利政策がどのように変わるのか」と尋ねる質問には「その家庭の状況ではインフレが下落すると期待できる」とし、連邦が金利引き上げを遅らせたり止めるために確立してきたテストを満たすことができると明らかにした。

彼はちょうど「私は私たちが金利を下すのは気になるだろうと思う」と付け加えた。

パウエル議長は「金利引き上げよりも反独占規制や物価統制強化などインフレを抑えるための他の方案を模索しなければならない」という指摘には、インフレが高い時、「物価統制の長い歴史があったが、それは成功したわけではなかった」と話した。

彼は「連邦で私たちは高いインフレが引き起こす難しさを理解する。私たちはインフレを再び下げるのに強力に専念しており、そうするために素早く動いている」とし「私たちは私たちが必要とするツールとアメリカの家庭と企業に代わって価格安定を回復するための解決策をすべて持っている」と明らかにした。

彼は「インフレは依然として私たちの長期目標である2%をはるかに上回っている」と前提した後、「去る4月に前年同月比の個人消費支出(PCE)価格指数は6.3%、ボラティリティの大きい食品とエネルギーを除く。起源PCE価格指数は4.9%上昇した”とし”総需要が強力で、供給制約は予想以上に長く持続し、物価圧力は広範な商品やサービスに広がった”と紹介した。

彼はロシアのウクライナ侵攻による原油など原材料価格の急上昇と中国の新種コロナウイルス感染症(コロナ19)封鎖政策によるサプライチェーンの混乱などをインフレの追加上昇圧力要因に挙げた。

彼は「高いインフレは特に食品や住宅、交通などの必須要素のより高いコストを満たすことができない人々にかなりの困難を課す」とし「インフレを私たちの2%目標に戻すことに強く専念している」と強調した。

パウエル議長は「今後数ヶ月間、我々はインフレが2%に回復するとともに一貫して下落しているという強力な証拠を見つけるだろう」とし「我々は継続的な金利引き上げが適切であると予想する。今後のデータと進化する経済展望によって変わるだろう」と話した。

「私たちは会議ごとに決定を下し、私たちの考えをできるだけ明確に伝えます」と述べています。ツールを活用することだ」と話した。

彼はまた、「このような不確実な環境で適切な金融政策を確立するには、経済がしばしば予期しなかった方法で進歩するという認識が必要だ」とし、「インフレは明らかに過去1年にわたる上昇で(私たちを)驚かせ、さらに驚くべき物事が待っているかもしれない」と指摘した。

続いて「従って私たちは今後のデータと進化する展望に敏捷に対応しなければならない」とし「私たちはすでに途方もなく挑戦的で不確実な時期に不確実性を加えないように努力するだろう」と付け加えた。



Source link


Leave a Reply

Your email address will not be published.